Karidatが危険が少ない監査ステータスを維持

地元の非営利社会福祉組織KARIDATは再び会計年度2010年のローリスク会計監査報告を受け取りました。


Karidatのアンジー・Deleonゲレロ部長は昨日のインタビューで彼らが1999年からこの状態を維持していると言いました。


「これは組織の非常に確かな報告です、そして我々は我々のすべての支援者と共同体全体とこれを共有できて非常にうれしいです」とDeleon ゲレロ部長は言いました。


彼女によれば、会計監査状況は、すべての組織の財務報告書が明確であること、質問と問題が上がらず、すべての経費が計算され説明されました、そして1セントまでもがよい事のために使われたことを意味しているとしました。


Deleon ゲレロ氏は彼らが交付金を受け取る非営利組織として年1回の監査報告を提出することが義務付けられていると言いました。


「我々は各年私立会計監査オフィスのサービスを雇い、そして我々は我々がこれらすべての年を通して同じ危険が少ない会計監査現状報告書を持続したことを誇りに思っています」と彼女は述べました。


KaridatCNMIと連邦のプログラムからその資金の大部分を受け取っており、また民間部門から寄付を得ています。


これらは24時間の危機防止、インフォメーションと照会サービス、ボランティアの国民意識、求人とトレーニングを含めて異なったプログラムに資金を供給します。


各年、犯罪被害者のために、被害者のそれらの権利を通知すること、被害者の一時差止め命令を提出すること、カウンセリング・サービスとサポートを提供すること、法の執行政府機関と法廷システムでの取り扱いの支援、照会と他のサービスを含め、何千という家族と個人がKaridatの食糧援助プログラムとサービスからの援助を受けています。


「我々は我々を必要とする人たちのためにここにいます、そして我々はあなたに我々のきれいな記録をお見せできて光栄です。すべての寄付と我々の寛大なスポンサーと共同体から我々が受け取る資金が困窮している人たちを助けるために戻ります」とDeleonゲレロ氏は付け加えました。


Karidatについての更なるインフォメーションは、234-6891/5248に電話をして下さい。あるいは karidat@pticom.comThis 電子メールアドレスまで。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です