ゾーニング(地区割り)オフィスがサイパン立法議員に追加のテキスト改正を提出

サイパン・ゾーニング・オフィスは2008年のサイパン土地利用制限法に対する提案された変更に追加のテキスト改正と地図を提出するでしょう、とゾーニングのテレーズ Ogumoro局長は言いました。


地域区画委員会の法律顧問のケイト・フラー検事総長補佐のアドバイスを引用して、 Ogumoro氏は彼らが適用性、解釈と建設についての土地利用制限法のセクション202に関してさらに多くが詳述される必要があると言いました。


彼女はこの追加の改正がCRM沿岸資源監督局とゾーニング・オフィスの間の規則を明確化するであろうと言いました。


ゾーニング・オフィスは、建物の高さ、段形後退、区画保険適用範囲、駐車に関してセクション202CRM規則に取って代わると考えています。


フラー氏は委員会にテキスト改正が、以前、地区割りのオフィスとCRMによって何が(すでに)論じられていたかを示さなかったと言いました。


彼女は、CRMがビーチから150フィート以内エリアを規制するのと同時に、ゾーニング・オフィスが駐車を扱うであろうと付け加えて、彼らが重複を避ける必要条件を説明する必要があると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です