AGO司法局長室は概要提出において怠慢であった、と最高裁判所が言及

 


最高裁判所によれば、司法局長オフィスは控訴された訴訟のその回答概要を提出することにおいて怠慢でした。


CHCコモンウェルス医療センターに対して控訴された訴訟と、エドワード・T・バッキンガム司法局長の監視の下で起こった犯罪の有罪決定は別として、最高裁判所はそこにAGOが(今まで)「その概要を提出することにおいて怠慢であった」3つの他の控訴された訴訟を指摘しました。


2008年のコモンウェルス対Puaで、AGOは「言い訳の立たない2つの嘆願で概要を提出することに失敗しました」。


2009年のコモンウェルス対Taiveroに関して、AGOは「2年の申請をし損ねた後、それが概要を提出しないであろうことを規定しました」


AGO2007年のコモンウェルス対ピーターに関連した「その概要が期限失効したあと、3カ月遅の概要を提出するために請求しました」。


コモンウェルス対陪席裁判官ジョン・A・Manglona判事が理由開示聴聞会において、先週「引き金」だと描写したオーエンズに比較して、最高裁判所はバッキンガム氏のその理由開示命令で「法廷が、[AGOが]概要を提出するかどうかにかかわらず、完全に控訴の長所を算定するよう義務づけられるため、主要な、あるいは交差控訴概要を提出するために延長を与えることが拒否されることについての結果が、応答概要を提出する許可を否定するより際立って重大であること」を指摘しました。


20115月のサイモンSebuuの控訴に関連して、彼の盗みと犯罪の有罪決定を予定されていたAGOがその回答概要を提出することを怠りました。


最高裁判所 は 月にAGOSebuuの控訴された (まだ) いなかったということを


AGOは、それが最高裁判所によって通知された3日後、そして提出期限が切れた26日後、最高裁判所が否定した時間外の概要を提出する請求を申請しました、そしてそれはNMI最高裁判所規則の下で「大いに嫌われた」と描写されました。


バッキンガム氏は最高裁判所に謝罪しました。


理由開示聴聞会で議長を務めた陪席裁判官Manglona判事は命令を発効するでしょう。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です