Tenorio氏「我々は入国管理を取り戻すことができる」

Froilan C・Tenorio下院議員は昨日、CNMIがそのイミグレーション管理を取り戻すことができるという信念を表明しました。


Tenorio氏は合衆国共和党員が次の数年で再び米国議会を支配するであろうと言いました。


そして彼らがそうするとき、CNMIは合衆国 P.L. 110-229が3年前に制定されたとき、取り去られたそのイミグレーション・システムについての管理を取り戻すためにロビー運動をすることができます。合衆国民主党員はその時議会の両院をコントロールしましたが法律に署名したジョージ・W・ブッシュ氏は共和党の大統領でした。


Tenorio氏は、彼がCNMI知事であったとき、米国の議会の両院がローカル・イミグレーションを連邦管理下に置くという当時の大統領ビル・クリントンの提案に反対した共和党員によってコントロールされていたことを呼び起こしました。


その当時、米国の民主党員はローカル・イミグレーションを終わらせようとしていましたと彼は言いました。


その時現地民主党だったテノリオ氏は、米国の民主党員が彼に「我々を恨んだ」ように思われたと言いました。


それで彼は、米国の議会で連邦化法を阻止することに成功したと言った共和党のロビイスト、ジャック Abramoff氏を雇いました。


この前知事は、2007年に議会の管理に勝った後、米国の民主党員が結局は通過した 連邦化法案を復活させたことを指摘しました。


しかしながら、テノリオ氏は、まもなく、共和党員が再び米国議会を引き継ぐであろう、そして CNMI政府は彼らに「我々に入国管理を返すように」求めることができると述べました。


同時にTenorio氏は、CNMIを巻き込んでいるこの法案の共同発起人として米領サモアと米国のバージン諸島の国会の代表者に失望を表現しました。


彼らが「CNMIに影響を与える問題に関係するべきではない」ように、CNMIの人々は米領サモアと米国のバージン諸島に彼らがどんな種類の移住政策を持つべきであるかを言わない、と彼は言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です