下院で予算案が通過

会計年度2012年予算審議は下院議員の間で激しい議論なく昨日始まりました。


エリー・D・カブレラ下院議長は審議後、記者に彼らが昨日1200万ドルの出費予算を通過させることを望んだと言いましたが、フロアで申し出られた改正の数のためにそれらは時間切れとなりました。


同氏は今日この法案を通過させるであろうと述べました。


コンパクトインパクト資金の割り当て条項以外、下院指導体制と少数派のブロックの間で議論はありませんでした。


下院法案17-215の提案された改正の大部分が長い論議なしで受け入れられました。


下院歳入委員会委員長ラモン・S・ Basa氏が「マイナーな変更」を示した予算法案の最初の代用バージョンの採用を要求した後、ラルフ・S・ Demapan 下院議員は、85,000ドルから51,575ドルまで削減するであろうそれぞれの下院メンバーの割り当ての下で資金を供給された人員の数45に制限を加えて、最初の議会の改正を申し出ました。


これは、それぞれの下院メンバーが独立した仕事契約を通して彼らの機密費から2人以上を雇用することができないことが Demapan氏によって説明されたということになります。


トニー ・ 下院議員 が正規雇用職員を


126氏の


スタンレー


レイ は、 公立学校


Yumul氏は つの


改正  


改正


Yumul氏の 番目 の 公衆衛生局 公衆安全局 PSS NMC  公共図書館 ことを


Yumul氏の改正によれば、さらにNMCがその人件費に少なくとも200,000ドルとジョーテン – Kiyu – 図書館に少なくとも50,000ドルを受け取るべきであり、190万ドルは「PSS人件費に割り当てる」べきであるとしています。


しかしながら、カブレラ Basa氏は なら 会計年度2012年の


Deleon 氏は ので、PSSへの が「 予算 になるのではないか と述べました。


カブレラ 氏は が、


Basa氏は DCCA 公衆衛生

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

労働者規則は来週発表

次の記事

CUCの発電所清掃近日開始