USCISが最終手続きをただちに完了(トリビューン紙)

合衆国市民権とイミグレーション・サービスは今、もし彼らがパロール・イン・プレースを申し込み、与えられるならば、彼らの申請手続きが行われている間、H1BR-1あるいはL-1ビザ申請が保留中である個人にCNMIに残留することを可能にすることを考えています。


もし彼らが雇用書類AEDの認可を与えられるなら、彼らのアプリケーションが保留になっている間、彼らは同じくCNMIで働き続けることを許されます。


USCIS地区部長のデイビッド・グーリック氏は昨日、サイパン商工会議所メンバーシップ・ミーティングでこの手順はもう完了させられていると言いました。


この計画が完成させられる途端に、アプリケーションが1127日までに審査されていなければCNMIを出なければならない保留中のアプリケーションを持っている人たちに救済を提供するでしょう。


USCIS当局者は以前、最終の労働者規則に関する計画的救済活動セッションにおい、H1B、L1あるいはR-1アプリケーションを持つこれらの人々が20111127日までに未だ保留中であり、有効なパロールまたはステータスを持たない人々はCNMIを出る必要があると述べました。


そして、たとえこれらの個人の若干がCNMIに残留する有効なパロールを持っているとしても、彼らのアプリケーションがまだ保留中の間、彼らはCNMIで働くことを許されません。


USCISは保留中のH1BR-1あるいはL-1ビザに対する雇用者と従業員の懸念を静めるもっと良い計画に近づきました。


会議所メンバーとゲストは、USCISの計画発表がH1BL-1あるいは R-1申請者と組織の運営が中断させられないことを保証するのに役立つであろうと言いました。


「一般的な概観は我々が彼らにパロールを与えるであろうということです。彼らは[同じく]AEDを申し込まなければなりません;さもなければ、彼らはどうして働くことができるのですか?」グーリック氏は後にインタビューで言いました。


AEDの要求は、保留中のH1Bアプリケーションを持っている人たちに、彼らのアプリケーションがまだ保留中である間に、働き続けることを許すための新しいものです。USCISは同じくR-1ビザとL -1ビザ(会社内の譲り受け人)を求めている宗教的な労働者に同じ手続きを提供することを考慮しました。


この考えは「パロール・イン・プレース」とAEDを同時に申し込む志願者のためであるとグーリック氏が言いました。


1127日までに保留中のコモンウェルス限定労働者ステータスを持っている人たちは残留し、そして、彼らのCWアプリケーションが保留中の間に、その日付を越えてCNMIで働き続けることができます。


サイパン商工会議所のダグラス・ブレナン会長は、CNMIの外国人労働者を監督している最終規則のいくつかの公共の計画的救済活動セッションを行なったことに対して、グーリック氏と残ったUSCISチームに感謝しました。


グーリック氏と彼のチームは、サイパン、テニアン、ロタで約4,000人の個人によって参加された40以上の公共の計画的救済活動セッションをしました。


グーリック氏はUSCIS部長とワシントン D.C.の彼らの本部のサポートと資金援助がなかったら、彼らが行ったようなCW規則についてCNMIでの彼らの行動は充分に行うことが可能ではなかったであろうと言いました。


彼のプレゼンテーションの間、グーリック氏は同じく彼らがこれまでのところパロールの延長でおよそ700件の要請を受けたと言いました。


USCISは人々にもっと多くのCW規則についてのインフォメーションを得るために次のウェブサイトを訪問するよう奨励します: www.uscis.gov/cnmi www.uscis.gov/cw www.youtube.com/user/uscis


自ら誰かに相談をする場合は、www.uscis.gov を訪問し、そして InfoPass のアポイントメントを行って下さい。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です