ICE「CNMIに拘留センターを設立する計画は無い」

ICE米国イミグレーションと税関執行部は1127日以後、コモンウェルス限定労働者区分の請願をする雇用者を見つけられない非居住者がステータスを失い、島からの強制退去に直面するとき、その人員確保権利が上がるであろうかどうか話し合うことはなく、CNMIに新たな拘留施設を設立する計画はありません。


カリフォルニアのICEからの社会問題士官ロリ・K・ヘイリー氏は、ICEの執行と出国オペレーション部門が最近、部門の日々の運営を促進する建物にサイパンでの行政機関を移転させる契約書に署名したと言いましたが、宿泊する拘留エリアを持たないでしょう。


「たいていの法の執行施設のように、新しいオフィスはICEによって拘留される個人にインタビューし、そして短期間拘束する安全なスペースを持つでしょう。しかしながら、それは宿泊する拘留スペースを持たないでしょう」と彼女はサイパン・トリビューン紙に言いました。


ヘイリー氏は12時間以上の間、政府機関の保護で残留しようとしているICEによって逮捕された誰でもサイパンのICEの既存の契約拘置所に移されるであろうと言いました。


その はススペのCNMI感化局


CNMIの多数の非居住者は彼らのためにCWステータスを請願する雇用主を未だ見つけていません。


このために、何年もの間、しかし最近になってやっと合法的にCNMIで働いていた人たちを含んでいるー失業非居住者は、経済恐慌の良くない状態のため、連邦機関が彼らを探して、そして彼らに追放を受けさせるであろうという良くない恐れのために彼らの仕事を失いました。


他の人たちがそう呼ぶ「モートンメモ」が彼らに1127日後でさえ雇用者を見いだす時間を買うことができることを希望しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です