ゲストワーカー集会への大変少ない参加

昨日、ガラパンの米市民権とイミグレーション・サービス・オフィスの外の仮設テントには、労働者連合運動のRabby Syed会長を含めてわずか数人しか姿を見せませんでした。


Syed氏は集会を持つ決断が木曜日の夜にされたので、皆に知らせる十分な時間がなかったことを指摘しました。


昨日午後430分の時点で、合衆国にCNMIの非居住者すべてにパロール・イン・プレースを与えるよう促す運動に参加した個人はわずか16人でした。


Syed氏は、その午後、雨とテントの不足が他の非居住者と彼らの支援者が参加するのを妨げたと言いました。


もし なら


「けれどもちょうど今、どのようにこれを続けるべきかについて、我々はまだ計画を作っています」と同氏はバラエティー紙に語りました。


Syed氏は同時に、CW規則の実行に対して長期の非居住者によって連邦裁判所に提出された訴訟に対するサポートを表明しました。


彼は、彼らがすべての非居住者に、失業者を含めて、彼らのアンブレラ・パーミットが期限が切れる1127日以後、CNMIに残留することを許すであろう他の法的手段を考慮に入れていると言いました。


「我々はまだ共同体メンバー、特に合衆国市民の直接の親類からサポートを期待している」と彼は付け加えました。


Syed氏は


午後4時の時点で、Syed氏はUSCISオフィスからの誰も出てこず、彼らのグループと話をしなかったと言いました。


彼は、彼らはまた彼らが行政権限を行使してCNMI非居住者にパロール・イン・プレースを発効するように依頼したオバマ大統領への彼らの文書に関して何の更新も受け取っていないと言いました。


Syed氏は、 Facebook Twitter

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です