ルイス女史がフィッテイェル知事に「誰もが適法手続きへの権利を持っている」と語る

ニューヨークの弁護士は、フィッティエル知事に重要な民主的原則を思い起こさせました。「全ての人が適法手続きへの権利を持っています」


雇用されていない非居住者に1127日以後CNMIに留まるよう語る彼女の「権限」を疑問視するフィッテェイル知事に応えて、グッド・ガバナンスのためのUSPinoysの女性会長ロイダ・ニコラス・ルイス女史は、合衆国憲法が「誰もが適法手続きなしで生命、自由あるいは財産を奪われるべきではないことを規定している」ことを知事が忘れていることを知って「残念だった」と述べました。


「(今移住と税関施行と呼ばれる)移民入国管理局ICEの一般的な弁護士として何年もの間、私は、知事が不法滞在外国人はすぐに追放されると言っていることで引用されたとき、知事が間違っていることを知りました」とルイス女史は述べました。


彼女はバラエティー紙に言いました、「すべての人が適法手続きの権利を持っています、そして ICEは、知事が彼と共に働いていると言っている人に、ICEが「適法手続き」なしで、ただ彼を捕まえて彼の国に戻る飛行機に彼を載せることはできないことを知事に伝えるべきでしょう」


ルイス女史は、法的ステータスを持たない外国人それぞれに日付と時間と場所を表示されているイミグレーション法廷に出廷する通知が発効されることを、ICEが知事に伝えるべきであろうと述べました。


「その外国人は、彼自身の国に彼[あるいは彼女]が追放されるイミグレーション裁判官によって命令されるべきではない理由を説明するために当該の日付に出廷しなければなりません」


ルイス女史は、外国人がいかなる犯罪歴もなく10年以上の間CNMIに住んで働いている、あるいは合衆国市民である親、あるいは子供、配偶者のような、とりわけ毎年所得税を支払っている彼の「衡平法」の証明を提出することができると述べました。


「聴聞会と裁判官がその外国人が合衆国で残留する「衡平法」を持っていないと決定した後だけ、その時裁判官は彼あるいは彼女が追放されるよう命令します」とルイス女史は言いました。


外国人は、しかしながら、未だ控訴することができます。


「それがアメリカ合衆国で民主主義の基礎である「適法手続き」です。私は、知事がおそらく CNMIが法律の上にありながらこの偉大な国の一部ではないと考えていると結論するのは嫌です」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です