11月27日の期限延長はない

議会が休会に入る前に期限延長の動きを始めなかった、また、1129日まで審理に戻らないことで、コモンウェルス限定労働者請願を提出する期限の1127日はそのままです。


個々の失業中の非居住者が合衆国市民権とイミグレーション・サービスで「パロール・イン・プレース」の要請のぎりぎり最後の提出をし続けていますが、「USCIS占拠」に参加している非居住者がすべてのCNMI合法的外国人に対するパロール交付の彼らの要請に関して米国の国土安全保障省が決定するためのまだ数日があると言いました。


議会 が   氏は ために


 


サブラン氏はまた、DHSのジャネット・ナポリターノ長官に、1127日以後CNMIを去らねばならない、同氏のH.R. 1466によって扱われる個人にパロールを交付する「行政的救済」も求めました。


DHSからは未だ返事はありません」と同氏は昨日述べました。「困難な状況です」


休会に入る前に米下院議会を通過しなかったHR 1466は米国籍児童を持つ親を含めた4つのグループの人々にCNMI限定居住ステータス交付を求めています。


Sablan氏は彼の法案が下院と上院で通過されるまで、パロールは仮のステータスあって、そして大統領によって法律に制定されるであろうと言いました。


USCISのデヴィッド・グーリック部長は同じ問題について訊ねられて、期限は残っていると述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です