Doromal氏は非居住者労働者の擁護者のまま

人権擁護者ウェンディー Doromal氏は、彼らのゴールが達成され、そして改革が実行されるまで、彼女はCNMIの非居住者労働者と一緒に立ち続けるであろうと言いました。

「戦いは継続しています、そして、最後の外国人労働者が公正を受けるまで、私はあなたたち全員と一緒に立つでしょう。外国人労働者プログラムが改革されるまで、私は、外国取引の使い捨ての品目としてではなく、未来の市民として回転ドア・システムを外国人労働者に置き換えるためにあなたと共に戦うでしょう」と彼女は言いました。

電子メールで、Doromal氏はCNMI政府によって非居住者に与えられたアンブレラ・パーミットの期限が切れた1127日後、戦いは終わらなかったと述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です