CUC「島全体の停電はなかった」

エア・ブレーキ・スイッチが予定されていない電力妨害をもたらして、昨日の午後ガラパンのトニー・ローマの近くで火に引っ掛かりました、とコモンウェルスユーティリティー株式会社のエイブ・Utu マラス局長は述べました。

マラス氏はまた島で広範な停電がなかったことを明確にしました。

ガラパン地区の1部だけが影響を受けました、と彼は言いました。

停電の後に、電力は45分以内に復旧できました、と彼言いました。

ダンダンのCUC



キザ(Kiya)1



マラス
氏は






フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

連邦の減給は予算法に違反