ホテルに対する訴訟の陪審員選出開始

サイパンでいくつかのホテルを経営する会社に対して提出された、性的いやがらせ訴訟の裁判の予期される陪審員が選出のため、今日連邦裁判所に出廷することが期待されます。

ラモナ・マングローニャ判事は本件の裁判で裁判長を務めることになります。

EEOC米国均等雇用機会委員会はサイパン・グランド・ホテルを経営するアシア・パシフィック・ホテルINCとタン・ホールディングス株式会社を本訴訟の被告指名しました。

EEOCはホテルのレストラン・マネージャーが部屋で寝ていた女性従業員に性的暴行を加えたと訴えました。

Steven P. Pixley弁護士が代表を勤めるホールディングス社はこの申し立てを否定すると述べました。

EEOC裁判弁護士はDerek Li 氏とNancy Griffiths氏が検察官を勤めます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

COP役員が辞職