DPLがマニャガハ規則に質問を受ける

レイ・N.ユマル下院議員は昨日、マニャガハを取り巻く水域での活動を規制するDPL(公共土地課)当局に質問しました。


ユマル議員は彼の書簡の中で、ターシ・ツアーズあるいは同会社との取り決めを持っているウォーター・スポーツ・オペレーターだけが有名な観光地において観光客を拾うこと(送迎)を合法的に認めている、と表現しているDPLの通知に影響を受ける営業権所有者からDPLオスカー・M・Babauta局長が訴えられる可能性があることを警告しました。


コモンウェルスは、DPLの前身、マリアナ・パブリックランド株式会社を通して、CNMI憲法の第9条が「地上(土地の表面)」として表現する公共の土地に関してだけ監督管理をしている、とユマル氏は述べました。


憲法に従えば、海岸沖の湿地帯の処分する権利とマネージメントは「法律によって提供されるものであるべきです」。


CNMIが湿地帯の土地を監督管理しないように、DPL海面上での活動を規制し、監督管理する権限を持っていないように思われるであろう」とユマル議員はBabauta局長に伝えました。


同議員はDPLに、「すべての商業的土地使用権を操作する排他的な権利は、島への、あるいは島からの輸送を提供する排他的な権利を含まない」と表現している2003515日の行政規定を思い出させました。


ユマル氏は、これがウォーター・スポーツ・オペレーターが制限なく自由にマニャガハとの観光客の輸送ができることを意味すると言いました。


ユマル氏はまた、同氏が述べた、土地使用許可証を発行することにおいて、DPLの権限を制限する、そして商務局、沿岸資源監督局、魚と野生生物部門のように他の行政機関に、マニャガハの中、また、周辺でウォーター・スポーツ活動を管理監督する権利を与える、パブリック法15-2も指摘しました。


インタビューでBabauta局長は、他のボートとウォーター・スポーツの乗り物がマニャガハに/から観光客を輸送していたという同会社の苦情に応えて、同氏は20人のウォーター・スポーツ営業権所有者にターシ・ツアーズとのDPLの契約を「思い出させました」と述べました。


同氏によれば、2001831日、当時のMPLAマリアナ・パブリック・ランド・オーソリティはターシ(Tasi)ツアーズにマニャガハの11,203平方メートルの中で活動を管理監督する排他的な権利を与えた「特別なレクリエーションの使用権合意」を生み出したとしています。


これはターシ・ツアーズによって公認されない他の営業権所有者が島に観光客を連れて来たり、迎えに来ることができないという意味です。


ババウタ局長は、「劇的に」増加している規則に従わないウォーター・スポーツ活動が、DPLにターシ・ツアーズとの政府の使用権合意の条件と規則に違反する一部とならぬよう、また、違反しないように、無許可の営業権所有者に思い出させるように駆り立てている、と述べました。


同氏は、彼らの若干名が実際に協定を読んでいない、あるいは、ある程度それを理解しなかったと想定することができるだけであると言いました。


Babauta氏はDPLの遵守オフィスが今規則を実施しようとしていると言っています。


「我々は現在、罰金だけではなく許可証の永久廃止も査定しています」とBabauta氏は述べました。


影響を受けた営業権所有者は同課に「なぜ今なのか?」と尋ねています。


Babauta氏は、彼らが主な営業権所有者であるターシ・ツアーとの合意を持っているなら、他の営業権所有者がマニャガハで観光事業活動に参加するのを誰も阻止しないと言いました。


ユマル氏は、不満な営業権所有者が政府を告訴するかもしれず、それはその減少している財源をそれに使うことになると言いました。


DPLの通知はまた「我々が極端に必要とする訪問中の観光客を混乱させることで我々の観光産業への否定的な反響」も持つ、と彼は付け加えました。


バラエティー紙への と主張されていること での の投資を保護する試みとして執行と再認識させることが必要


ターシ・ツアーとの取り決めを持っていない事業者は、パラセーリング、バナナボート、スキューバ・ダイビングのようないかなるマリン・スポーツのためにでも、そこで観光客を送迎することが禁じられています。


最近の違反にもかかわらず、DPLとターシ・ツアーズは「礼儀正しく行動をすることに同意しました」とBabauta氏は言いました。


「我々は適切な通知を発行しました」と彼は言いました。


ウォーター・スポーツ DPL通知 が


Babauta氏は もまた観光事業 について


「けれども我々は規則に従わなければなりません。もし我々のすべてが適切な政策と手順の後に続くなら、私はこのタイプの事件が起こらないであろうと確信しています。キー ことです


ターシ・ツアー ズの 2006年に更に10


ターシ・ツアーズはこの合意

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です