人員の欠如がCUCの水道監視、規則の遵守を妨げなかった、とフレッチャー氏が発言

人員の欠如にもかかわらず、CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社研究所はCNMIの水道状態のモニターと報告が可能であった、とCUCの局長代理アラン・W・フレッチャー氏は昨日言いました。


彼は1人の研究所従業員が去ったとが、それはオペレーションに影響を与えないであろう、と述べました。


「彼らは必要を満たし、より激しく、そしてより長く機能しなければなりません。それが最良のやり方です。彼らは追加の仕事を負うでしょう」と彼は付け加えました。


フレッチャー氏はCUC研究所の化学者をサイパンで見いだすことは難しいと言いました。


しかしながら、この水道報告は未だ安全な飲料水の総合大腸菌規則を遵守していることを示している、と彼は付け加えました。


サイパンで、12月のモニタリング期間において集められた78全てのサンプルは総合大腸菌がありませんでした。


「サイパン・パブリック・ウォーター(公共給水)システムは連続2カ月間、完全な総合大腸菌規則の100パーセント遵守を達成しました」とフレッチャー氏は言っています。


 


テニアンで、1219日に集められたルーチン・サンプルは研究所のエラーのため無効とされました。


フレッチャー氏は、置換サンプルが集められ、総合大腸菌が含まれていなかったと述べました。


テニアンも総合大腸菌規則を100パーセント遵守しました。


同じく、1220日にロタの公共水システムから集められたサンプルすべてが総合大腸菌を含んでおらず、規則に従っていたと、同氏は述べました。


「我々がより高い大腸菌計測を得た場合は常に問題があるという指標で、それが我々が更に多くのテストを行なうのと同時にそれを追跡する理由です」と彼はあらゆる給水システムが「その種類の問題を持っています」と付け加えて言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です