USCIS雇用認可の発行を至急促される

労働者連合UWMRabby Syed会長は昨日、若干の雇用されていない非居住者、米国籍者とFAS自由提携国家市民の近姻戚者は人道的パロールを承認されたが、彼らは労働許可が不足しているために無職のままであると述べました。


同氏は、米国市民権とイミグレーション・サービスによって発行された雇用承認書類、EADが雇用者によって人道的パロールと共に求職者に必要とされていると述べています。


同氏はCNMIイミグレーションの連邦化によって影響を受けた多数の家族が同氏のグループの支援を求めていると述べました。


「我々はUSCISが審査中のそれらの労働許可の承認を発行することを望んでいる」と同氏は付け加えました。


Syed氏は、人道的パロールを取得しているこれらの人々の若干が潜在的な雇用者を持っているが、彼らはEADなくして雇用されることができない、と述べました。


「彼らは労働を認められるべきです。2ヶ月を仕事なしで生き残るのは困難です」と同氏は付け加えました。


同氏はEADの発行が長く遅れていることを指摘しました。


「人道的パロールを与えられても労働が認められなければ意味のないことです。彼らは人道的な理由でパロールを認められました」と同氏は述べています。


Syed氏はまた、USCISに外国人労働者への指導を提供すると同時にその情報を普及し続けるよう促してもいます。


今週の土曜日、同氏はワシントンD.C.への出張を話し合うためにUWM役員とコミュニティ・メンバーに会うであろうと述べました。このミーティングはススペのフィリピン人コミュニティ・パビリオンで行われ、午後6時に始まります。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です