未だCHCに溺死した観光客の遺体

DPS公衆安全局は火曜日に溺死した日本人観光客の死体に関する司法権を持っています、とバラエティー紙は伝えられました。


遺体はCHCコモンウェルス医療センターの死体安置所に残されています。被害者の近親の親族にすでに知らされたかどうかは解りませんでした。


DPSコミッショナーのラモン・C.マフナス氏はこの記者の照会に応えていません。


目撃者は、現場に警察官が到着したが医療緊急専門家ではなかったと言っています。


コメントを求められた被害者が滞在していたフィエスタ・リゾート&スパ・サイパンは、サイパンへの観光客の訪問を容易にした旅行代理店に照会していることを示しました。


バラエティ紙は、被害者が60歳で他の日本人観光客6人のグループの1人であることを知りました。


被害者の同伴者たちは明日、島を出発することが予定されていました。


火曜日に、被害者はフィエスタとハイアットの近くのビーチで泳いでいて溺れました。


目撃者は被害者を急いで病院に運びましたが、到着したときには死んでいました。


 


 


 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です