2014年以降の外国人労働者の大量出国を止めるわずかな選択肢

コモンウェルス限定労働者許可を申請している11千人以上の外国人労働者のほとんどは、影響を受けた当事者たちがそれらに依存している合法的外国人労働者と外国人投資家の大量出国を避けるために求められるであろう制限された選択肢をいち早く知っているグループ以外、過度期のCNMI経済を去る、20141231日に連邦化移行期限が終了するときにH1Bと同じようなイミグレーションと国籍法令の下で有効なノンイミグラント(非移民)、あるいはイミグラント(移民)ビザ分類の資格を取得する可能性は高くありません。


わずか選択肢だけがこのときに有効となり、それらのそれぞれは異なる見解を描いています。


 


この選択肢は、移行期の延長、可能となる資格を持った多数の外国人労働者に交付されるINAビザを申請すること、合法的長期外国人労働者への永住権あるいは米国市民権へのパスのような改善されたイミグレーション・ステータスの交付、もしくは現地イミグレーションの管理をCNMI政府に戻すことが含まれますが、限定されていません。


これらの選択肢を除いて、今から2年の同様のビザを得る資格をたぶん得られないであろう、現在いかなるINAビザの資格がない推定1万人を超える外国人労働者は、CNMIを去らねばならないでしょう。


エンジェル・デマパン広報官は昨日、「我々はコモンウェルスが実行可能な在住(現地)労働力を未だ完全に確立していないことを認識しているため」、フィッティエル政権が移行期間を延長することに賛成の立場をとっていると伝えました。


これは、いかなるINAビザの資格も持っていない外国人労働者が少なくとも2014年から5年後の2019年までCW許可証を持つことを許されることを意味します。


「知事は昨年からこれを知らせています。事実、キリリ・サブラン連邦下院代表さえも移行期限の延長を支持しています」とデマパン氏はサイパントリビューンに語りました。


同氏は、連邦化の開始からフィッティエル政権は、外国人労働者に正しいことをするよう奨励し、常に一番好ましいシナリオを準備していると述べました。


「今日、政権はそのスタンスを繰り返します。集会やデモ行進に惑わされないで下さい。それらは決して起こらないであろう約束をすることで少数の人々を豊かにする寄付に導くだけです。外国人労働者が何処か他所へ移るか、母国に戻るそのときのためにお金を蓄えていることは彼らにとってより賢明なことです」とデマパン氏は述べました。


CNMIはとりわけエンジニア、建築家、教師、看護師、公認会計士、ウエイーター、ホテル従業員、農民、お手伝い、技術者、修理屋と建築作業員など、多くの仕事で外国人労働者に大きく依存しています。


 


苦境の限界


フロリダ在住の人権擁護運動家で前ロタ島の教師、ウェンディーDoromalさんは、数十年、また長年の間CNMIに住んで働いてる殆どの外国人労働者を規制するCNMI限定の連邦のイミグレーション・プログラムをデタラメに動かそうとする代わりに、長期外国人労働者に永住権を与えることによって、出費を削減して苦境を排除しないのでしょう?」と述べています。


2014年後に移行期間を延長する絶対的理由はありません。労働者にとってまさに別の官僚的な悪夢を表す、費用のかかる秩序だっていないCNMI限定外国人労働者プログラムをなぜ続けるのですか?今、彼らに永住権を与えて、問題を継続する必要を終わらせて下さい」とドロマルさんはサイパントリビューンに語りました。


Reynaldo Gozon さん55歳は、もし移行期限の延長が彼のような外国人労働者の殆どにとって最も実行可能な選択肢であるならば、彼はそれについて不安を持つことは無いであろうと述べました。


「私は現在Hビザの資格をもっていません。そして私は2年という時間の中でその資格を得られるであろうとは考えません。しかし、連邦政府が我々に改善されたステータスを交付してくれるのであれば、それはより良いものとなるでしょう」と重機械運転者として働く為に1997年にサイパンに来たGozonさんは話しました。


この3児の父は、彼の雇用者が彼の作業を必要とする限り、彼は在留するであろうと述べました。彼は今、彼に代わり彼の雇用者によって申請されたCW申請の結果を待っています。


 


外国人労働者をすぐに置換する方法はない


サイパン商工会議所の理事リチャード・ピアス氏は昨日、「現時点でP.L. 110-229に従って認められたように、更に5年もしくは10年の移行期限を簡単に延長することより、2014年後にCNMIでの滞在と労働を彼らに許すこれらのCW-1ビザ保有者のステータスに何らかの変更を連邦の立法議会に通過させることは、より大きな危機的な集団になるであろうし、そのために達成の可能性は少ない」


ピアス氏は彼の意見として、米国労働省がこれを行うであろうと述べました。


「法規に従うことはそれを変えるより単に容易です。それについて間違いをしないで下さい。最終的にこれら12千人のCW1保持者をCNMIの資格ある米国人労働者に置き換える方法はありません。確かにこの経済がそれを行うであろう改善を始めるときではありません」と同氏は述べました。


Precilla Villafuerteさん39歳は、ここで生まれた彼女の娘のために、そしてまた、フィリピンに戻った彼女の家族を助けるためにサイパンで働き続けることを望むと述べました。


「もし彼らが移行を延長するなら、それは大きな助けになります。もし彼らが私たちのステータスの改善を望むならば、そのとき私は感謝します。しかし私達は常に準備をしていなければなりません」と彼女は言いました。


Villafuerteさんは縫製工場の裁縫者として働く為に1992年にサイパンに来ました。縫製産業が撤退したとき、彼女はハウスメイド(家政婦)として働き始めました。彼女は今、彼女のCW請願の結果も待っています。


彼女は、現在CNMIで合法的に働いているすべての外国人労働者を2年で排除することは困難なことであると述べています。


 


失望


ドロマルさんは、CNMIイミグレーションから連邦システムへの移行を手掛けている連邦政府のやり方に失望していると述べました。


CW許可の遅い取り扱い手続きと遅延は、外国人労働者、彼らの家族、そして雇用者に極端な困難を生み出している」と彼女は言っています。


たとえば、雇用者がCWに関して外国人労働者を請願する期限の3カ月後、合衆国市民権とイミグレーション・サービスは11,200人の外国人労働者を網羅する提出された推定5千件の請願のおよそ千件しか処理していません。


ドロマルさんは、これはDHS国土安全保障省がスムースで整頓された移行を確実にする特別な計画を持っていなかったことを示していると話しました。


「明らかに、申請処理に割り当てられた従業員は十分ではありません。それはCNMIのゲストワーカー・プログラムがDHSで優先されていないと確実に思われます。残っている申請が処理されるために何ヶ月(何年)かかるのでしょうか?国会の監督はどこにあるのでしょう?」と彼女は述べました。


 


現地管理(監督)


レイ・ユマル下院議員(共和党サイパン)は彼の見解として、CNMIイミグレーションが連邦管理下に置かれた法律PL 110-229によって命じられたように、連邦政府がその仕事を行えないのであれば、CNMIはその所有するイミグレーションの管理を戻されるべきであると述べています。


同氏は米国イミグレーション裁判所法廷を例として指摘しました。同氏は、司法手続きが、知事の事前のコメントでそれがなされるべきと、知事が考える便宜的方法を認識しないと考えると述べました。憲法は、人は適法手続きと迅速なる裁判の権利が与えられるものであると言っています。


ドロマルさんは、一方で、合衆国議会のメンバーが島の問題に関してCNMI代表者のポジションを延期し続ける限り、「我々は米国の議会が外国の契約労働者に永住権を施すことを期待するべきではありません」と言いました。


1千百万人の文書化されていない外国人と下級ステータスのために永住権を支援しているヒスパニックとアジア・太平洋のアメリカ人幹部会-いわゆる「イミグレーション・チャンピオン」-のメンバーがいる限り、1万一千人の四分の一のためだけの奴隷制度上の一歩は、CNMIの外国人労働者への永住権のチャンスは極めて暗く見えます。もし移民擁護者であると主張する連邦議会議員がCNMI外国人労働者によって正しいことをすると信用されることができないのであれば、誰がそうすることができますか?」と彼女は言いました。


マリアナ人道問題問題擁護社MAHALの設立者で社長のRene Reyes氏は、雇用者が彼らの従業員のためにHビザを申請できるが、彼らの仕事の性質のために彼らが承認されるという保証はないと述べています。


同氏は、CNMIの長期外国人労働者に改善されたステータスを交付する米国内務省の提言を米下院議会が最終的に法にすることを希望している述べました。


「外国人労働者が改善されたステータスと望むとしても、それは利己的ではありません。彼らは地域経済に貢献し続けることを望んでいるだけです」


 


容認し難い


ドロマルさんは、CNMI指導者達が数十年の間CNMIに住んでいる人々でさえ、コミュニティ・メンバーと同等として、あるいは将来の市民として外国人労働者を見ていないと述べました。


「外国人労働者にいかなる合法的な、公正な、そして民主的なステータスも申し出るリーダーがCNMIにいないことは、知事と議員からのコメントによって、そしてサブラン氏のH.R. 1466からのコメントによって明白です。提起されている唯一のステータスは、それが法律上の、長期外国人労働者のすべてを含むわけではないため、彼らの権利剥奪を維持するもので、CNMIに彼らを鎖でつなぎとめる受け入れ難いものです」と彼女は言いました。


彼女は、もし彼らが去る機会を持っているのであれば、いかなる外国人労働者も現在の政治的な、そして経済の条件下でCNMIに留まることを勧めないと言いました


「雇用保証、支払われることについての、あるいは雇用者が盗んだ賃金を回復することについての保証を提供しない、そして大多数の法律上の、長期労働者に市民権に繫がるアップグレードされたステータスの可能性のない、システムを支持しません。それはアメリカ的でなく、非民主的です」と彼女は述べています。


ドロマルさんは更に、唯一の公立病院が殆ど倒産している、歯医者が閉鎖している、公立学校が電力を制限している、あるいは切断されている、CUCは発電機を作動させる燃料に支払うことが可能ではない、犯罪率は急上昇し、雇用者は彼らの犯罪のいかなる成り行きにも苦しむことなく賃金を盗み続ける、そのような場所に外国人労働者を留まらせる誘因がないと付け加えました。


「最終的に市民権に繫がるであろうビザに対して外国人労働者に資格を与えるであろう仕事なしで、その苦痛とその状態が、事が変るかどうかを見るために留まる価値を持っていると、私は確信をもてません」と彼女は言いました。


 


ドロマルさんは、合法的な長期外国人労働者のための永住権と公正を主張し続けると同時に、「彼らの子供たちと家族メンバーの健康が危険な状態に遭うリスクのある所、彼らの健康がリスクに晒される場所に残留するよう彼らに助言することは私にとって無責任なことになる」と述べました。


「我々は来たる選挙が、外国人労働者と彼らの家族のために公正が最終的に理解される結果となるであろう、変化をもたらすであろうことを希望しなければなりません」と彼女は言いました


200858日に法理となる署名がされたPL 110-229は、最初にCNMIINAの殆どの規約が拡張されました。


移行CW規則はCNMIの雇用者にINAの下で働く資格がないであろう非移民(nonimmigrant)労働者を後援することを許しており、そして外国人労働者に彼ら自身と彼らの家族のために適切な長期イミグレーション・ステータスを決定するために、彼らに20141231日までを与えています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です