財務局「改ざん小切手は数年前からのもの」

CNMI財務局のラリッサ・ラーソン局長によれば、連邦捜査局FBIによって現在捜査中の税還付金小切手は数年前からのものであるとのことです。


FBIは小切手の改ざん・換金容疑でモハマッド・ジャハンジー・ミア容疑者を逮捕しました。


問題の小切手(チェック)は「近い将来発行されるであろう現在の税金還付/払戻しに関係はありません」とラーソン氏がバラエティーに語りました。


彼女は更に、「捜査が進行中であり、最初の逮捕がされていることで、[公衆安全局]とFBIによって行われている仕事を危うくさせることを望まないので、私は今この事件についてコメントすることができません」と付け加えました。


財務局によって取られた行動について尋ねられて、ラーソン局長は「我々は警察とFBIから支援を要請されたものであり、この捜査の関する補佐するために要求された必要なすべての書類を提供することでこの捜査を支援しています」と述べました。


彼女は「その捜査が完了し、すべての有罪者が法の裁きを受けさせられたことを聞くまで、私はそれ以上のコメントをすることができません」と述べています。


当局は関わった小切手の番号と同様にその額を未だ公開していませんが、FBIによるミア容疑者の逮捕が少なくとも4枚の改ざん小切手が換金されていたことを明らかにしました。


ミア容疑者は、彼が他にもまだ換金した小切手を持っていたことを、記録した監視用音声ビデオの中で機密エージェントに話しました。


NMI連邦地方裁判所はミア容疑者の拘留と予審を2012329日に予定しました。


ミア容疑者は火曜日の午後に連邦裁判所で彼の最初の出廷後、U.S. Marshals Service(米国保護局)に再拘留されました。


バラエティー紙は、もし大衆のメンバーがCNMI政府からの彼らの税金払い戻し小切手がミア容疑者によって不法に変更され、換金された恐れがあるなら、彼らは財務局で個人的に彼らの小切手の状況を実証するべきであると言われました。


外国人労働者、特にまだ彼らの税金払戻しを受け取っていない人たちは、彼らの小切手の配布遅延に関してフラストレーションを表明しました。


彼らは、政権が以前に資金の欠如のため、その415日の期限に間に合わないかもしれないと言ったが、今、小切手の若干がすでに不法に変更されていることが分かったと述べました。


ミア容疑者はこの小切手の彼の提供者を明かしませんでしたが、この人物が小切手の額面の50パーセントを受け取った、とFBIは言っています。


ミア容疑者は機密情報提供者にまだ換金する小切手を持っていることを話した、とFBIは言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です