イノス氏、コビナント党はキリリ氏を支持

コビナント党の創設者である知事が、この11月に共和党員への交替を望んでいる無所属の下院代表グレゴリオ・カマチョ・サブラン氏の再選支持を、イロイ・S.イノス副知事は土曜日にコビナント党メンバーに指揮しました。


今、知事がGOP(共和党)に再び加わった後の、コビナント党の名ばかりの党首は彼らが多くの理由でサブラン氏の再選を支援すると言いました。コモンウェルスにのために彼が能力を発揮する貴重な仕事のために、コビナント党はワシントンへのCNMIの代表を続けることを望んでいる、と同氏は付け加えました。


イノス氏はサブラン氏がコモンウェルスとその人々のために連邦の支援を求めること、そして得ることに全く矛盾がないと述べました。


イノス氏は、これまでのところ誰も、共和党の中でさえ、サブラン氏に挑戦することに対する関心を説明していないことを指摘しました。


同氏は、コビナント党の中央委員会は「良い仕事をするために」サブラン氏の支持を決定したと付け加えました。


CNMIのほとんどの人々は、サブラン氏が国の首都で上手く彼らに従事し続けるであろうと信じています。


「我々はキリリ氏の支持をコモンウェルスの最良の利益であると考える」とイノス氏は付け加えました。


盟約の第36年周年記念を祝っているススペのMinachom Atdaoパビリオンにおいて、祝典に参加した百人以上の人々に演説したイノス氏は、メディケイドやフードスタンプのような連邦プログラムの重要性を強調しました。


「我々はこれらのプログラムを保持し、そして強めるためのすべてを行うべきです。そして私は、我々がそれらのものを保有し続けることを保証するためにキリリ氏が(今まで)能力を発揮していたことをお知らせします」と彼は言いました。


彼は米国議会の共和党員が常に島への連邦の援助と他の離島問題領域を拡張することに反対したと付け加えて、全国GOP(共和党)と共に一列になることがCNMIを助けるであろうかどうか彼は解らないと言いました。


彼のサブラン氏支持が、彼の長年の友人で同盟者のフィッティエル知事との間の「問題」にならないかを尋ねられて、イノス氏は「それは私の個人的な優先性についてであり」、そして彼は知事がそれを尊重するであろうことを希望すると述べました。


彼の意見として、コビナント党のキャンペーン委員長の、DPL(パブリック・ランド課)局長のオスカー・M.ババウタ氏は、党大会はサブラン氏を支持し、中央委員会はそれを認めなければなりませんと述べました。


「私はこれが知事とコビナント党に忠実なままでいることを決めた彼の内閣メンバーの間に問題となるとは思わない」ともう1人の長年の友人で知事の味方であるババウタ氏は述べました。


ババウタ氏は、サブラン氏支持はコモンウェルス全体の利益のためであると言いました。


 


立候補者


同時に同党は、その4名の下院立候補者を発表しました。


2区:ラルフ・S.デマパン(現職)、ジョン・ポール・P.サブラン


3区:エドムンド・S.ビラゴメズ(現職)、ブライアン・S.トレス


上院は前下院議員のアナ・S.テレジヨのみ。


党の地区委員長のフェリップ・Q.アタリグ氏は3週間前にGOP幹部会に出席しました。


ババウタ氏は、彼らはまたテニアンとロタ同様にサイパンの他の選挙区に候補者を提出するであろうと述べました。


テレジヨ氏は前下院議員で、下院内総務を担当し、サイパンとノーザンアイランド立法代表団の会長を務めました。JPサブラン氏は前下院副議長のビセンテ・サブラン氏の息子であり、一方、ブライアン・トレス氏はパブリック・スクール・システムPSSの数学プログラムのコーディネーターです。


異なる部門からのスタッフ同様に、芸術評議会部長のエンジェル・ホッコック氏、財務局長のラリッサ・ラーソン氏を含め、フィッテェイル政権の数名の職員もまたこのイベントに参加しました。


2009年の選挙で同じく共和党であった多くの人物もいました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

マフナス解任への嘆願