フロイラン議員が自身のカジノ・イニシアチブを差し控える

Froilan Tenorio下院議員(コビナント党 サイパン)は今、彼自身のサイパン・カジノ議案提出権を押しとどめ、その代わりに協力の精神で投票者の間の混乱を避けるため、フィッティエル政権によって支持されたイニシアチブを支援しています。もしイニシアティブが2,500から2,700の署名を集めれば、サイパンにカジノ産業を持つことについての問いかけが116日の投票用紙に与えられるでしょう。


「私は政権が立案するのを手伝ったカジノ・イニシアティブを支持することに決めます」と Tenorio氏は電話インタビューでサイパントリビューンに語りました。


同氏は、彼が「より良い」ものであると考える、彼自身のものと異なったイニシアティブのそのバージョンを政権が発表していたことを知って失望させられたと言いました。


「けれども私は2つのカジノ議案提出権を持っていることは良い考えであると思えません。それが私自身のものを私が押しとどめる理由です」と、すでに政権によって支援されたイニシアティブに署名したTenorio氏は述べています。


Tenorio氏は、フィッティエル政権によって支持された議案提出権が投票用紙に与えられるのに十分な票を集めることが可能ではないと判断されるそのときは、同氏は、しかしながら、彼自身のイニシアティブを開始するであろうと伝えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です