CWパーミットの遅延が「混乱させている」(1)

11月の期限までに11,000人以上の外国人労働者のための請願が申請されてからほぼ5カ月、ほとんどのCNMI従業員が彼らの長期非居住者従業員を維持することが可能であろうかどうか連邦政府から未だに知らされていません。


「期待はずれです。混乱させている」とガラパンで卸売り会社と小売り店「アイ・ラブ・サイパン」を所有するACA株式会社のアレンXie社長は言っています。


昨日のインタビューでXie氏は、彼らの卸売り会社が締め切り期限20111128日のひと月前の10月にコモンウェルス限定労働者請願を提出したが、彼らの外国人労働者のためのバイオメトリクスの予約を未だ受け取っていないと述べました。


彼らの小売りと卸売りビジネスで推定35人の外国人労働者の一人もCW許可証を受け取っていないと言いました。


「小売り店で、我々は先週ようやく、バイオメトリクス・スケジュールについてのインフォメーションを受け取りました。医療の緊急時を抱える我々の従業員は旅行必要条件のために苦労しています。これらは不明確を生み出しています。新しい投資計画を立てることは困難です。たとえ事業者が資金を持っているとしても、もし労働者の許可証の処理が長くかかるであろうことを知れば、彼らはまだ投資しないでしょう。我々は合法的なビジネスですが、我々の労働者が彼らの許可証を取得するであろうかどうか我々にはわかりません」と Xie氏は付け加えました。


合衆国市民権とイミグレーション・サービスは320日の時点で、591人の受益者を扱う承認された417件のCW請願があったと報告しました。CW許可証を持っている591名はCWステータスを請願している11,677人の労働者のわずか5パーセントです。


 


不明確


「どこの人事部長も心配です」とトリプルJサイパン社の人事部フランク・アダ部長は言っています。


CW請願がまだ処理されているという状態で、事業者と彼らの外国人労働者は不明確で動きが取れなくなっているままです。USCISは以前、1128日前に提出したCW請願の処理を完了するため、自身で131日の期限を課しました。


アダ氏は、たとえば、一定の外国人労働者の請願を支援するため、トリプルJUSCISによって会社の事業総収入BGRと税金ID番号に関する情報を提供すること求められた例があったと言いました。しかしながら、同じカテゴリーの他の従業員のために提出された請願はBGRと税金ID番号を提供するように求められることなく承認されました。


ある場合には、尋ねられた追加のインフォメーションは「些細」であった、とアダ氏は言いました。


例えば、外国人労働者のために提出された請願の1つで、トリプルJがなにか非営利組織のメンバーでもあるかどうか尋ねられました。トリプルJは他のグループの中のサイパン商工会議所のメンバーです。


「我々は思っていました、もし我々が商工会議所のような何かのグループのメンバーでなかったならばどうでしょう、我々の請願は拒絶されるのでしょうか?しかしながら、トリプルJは合法的ビジネスです。非営利団体の会員は、CW請願を承認するべきかどうか決めることにおける要因であるべきなのでしょうか?」とアダ氏は尋ねました。


しかしながら、USCISによって求められたインフォメーションのタイプにかかわらず、アダ氏はトリプルJが(今まで)必要とされるすべてのインフォメーションを提供していたと話しました。


「我々は従わずに何が出来ますか?我々は手続き遅らせることはもう望みません」とアダ氏は付け加えました。


彼らが78人の外国人労働者のためにUSCISに提出した65件のCW請願について、半分以上がまだ承認されていません、とアダ氏は述べています。


幸い、1128日前に申請が提出されたので、彼らは請願が処理されている間、働き続けることができます。しかしながら、我々はここで利用可能な労働者を探し得なかったことで、外国からの新しい労働者を得ようとも試みています。しかしその方向転換時間は我々が望むほど速くありません」と同氏は述べました。


彼はCW請願の長期の処理が新しい移行プログラムの「発展に伴う困難」の一部であり得たと言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です