CUCが下水道スモーク・テストを本日から開始

 


コモンウェルス・ユーティリティ株式会社CUCは今週、その下水道衛生に関する下水システムのスモーク・テストを開始する、とCUCのアラン・W.フレッチャー局長代理は述べました。


「このスモーク・テストは、安全で、経済的、効率の良い、環境的な下水システムを提供するためにCUCが継続している努力の一部です」と同氏は言っています。


影響を受ける地域はガロライとサンホセ/オレアイです。このスモーク・テストは今日から始まり、511日に終わります。


このスモーク・テストを行う手順は、下水システムの中の問題地域を識別する有効な手段として米国環境保護機関によって推薦されています、とフレッチャー氏。


この手順は下水道の欠陥を排除し、不正な接続を検索するものです、と同氏は付け加えました。


「それは私たちのコミュニティが下水道システムのメンテナンスや下水の漏水(オーバーフロー)に関する連邦法に準拠することに役立ちますと彼は言いました。


フレッチャー氏によれば、衛生下水道に中に煙を押し入れることに関連する、このテストを行うことは、そのシステムの中の漏水、破損、欠陥を検出するであろうとしています。


彼はこの煙が無臭で、火事の危険はなく、欠陥のある配管、床の排水溝あるいは流しの防臭弁の乾燥がある場合以外、家庭や事業体に入ることはないであろうと述べました。


このスモーク・テストはおよそ15分ほど敷地に影響を与えるだけのものです、と彼は言っています。


「このテストのために使用される煙は、この目的のために厳密に製造されています。 [それは]余剰や汚れを残さず、植物や動物に影響を与えません。煙との直接接触は一部の人々のマイナーな呼吸器の炎症を引き起こす可能性があります」と彼は言いました。


CUCはその顧客に、それらの施設に入ってくることから下水ガス、煙、匂いを阻むためにめったに使わない流しと床の排水溝の中に、2ガロンの水を流し込むようアドバイスしています。


CUCによれば、テスト中に煙が家庭に入った場合は、即刻建物から自ら移動し、テストを実施しているクルーに通知するか、322-5032もしくは322-5033に電話して下さい。


フレッチャー氏によれば、煙が家に入ることは配管欠陥の証拠です。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です