市長オフィスはフードコート・プロジェクトを「保持する」

市長のアドバイザー、ヘンリー Hofschneider氏によれば、サイパン市長オフィスは北マリアナ諸島住宅株式会社NMHCにシュガーキングのフードコート・プロジェクトを撤回する意志はないとのことです。


もしNMHCがプロジェクトを引き継ぐなら、市長オフィスはそのコストを支払わなければなりません、と彼は付け加えました。


「市長オフィスは資金がありません」と同氏。


NMHCは米国の住宅都市開発からコミュニティー開発ブロック交付金を通してプロジェクトに資金を供給しました。


NMHC監督官代行でクレジットと抵当部門マネージャーのジェシー Palacios氏は、もし市長オフィスがそれを使わないのであれば、彼らがプロジェクトを取り戻すことができると言いました。


2009年に完了された「遺産プロジェクト」は当時の市長フアン・B・Tudela氏の北マリアナ諸島日本文化センターと呼ばれる歴史公園の開発と回復計画の一部でした。


Hofschneider氏は、彼とドナルド・G・フロレス市長がフードコートのオペレーションを論じるために以前、当時のNMHC企業部のジョシュア Sasamoto 部長と会見したと言いました。


同氏は、フードコートでお土産と手工芸店のような小さな商売を運営することを市長オフィスに許すであろうかどうか、彼らがNHMCに尋ねたと言いました。


「我々は譲与者からまだ意見を受け取っていません」と彼は付け加えました。

フロレス氏は彼のオフィスが施設のオペレーションに関してNMHCとコーディネートし続けるであろうと言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です