フィッティエル知事、消滅法案を拒否するよう促される

犯罪歴を消去するであろう法案は知事にそれを拒否するように求める文書と共に、昨日フィッティエル知事の机に置かれました。

元ゾーニング理事長のハーマン・フスコ氏は彼女の書簡の中で知事に、人々の生活と不動産を危険にさらすとして下院法案17-52を拒否するよう促しました。

彼女は「このような法案が我々の選出された代表者の1人によって提案され、そして議会によって通過させられさえする」ことに狼狽していると言いました。

彼女は法案のまさしくその最初のセンテンス
「コモンウェルスの法律を守る市民が不公平に重荷を負わせられています」
がその論理の欠如を要約していることを指摘しました。

フスコ氏は、もし市民が法を甘受するならば、なぜそれらの記録が消去される必要があるのですか?と述べています。

スタンレー・トレス下院議員が著作したこの法案は支脈はあるが論理が欠如しているとフスコ氏は述べました。

「我々は誰の過去を漂白しようとしているのですか?」と彼女は付け加えました。

フスコ氏はH.B. 17-51が一般大衆、特に子供達に悪いメッセージを伝えると言っています。

「最終的に犯罪記録が消滅させることができるため、我々は犯罪を犯ことは問題ないと言うのですか? なぜ我々は我々の基準を高める代わりに下げ続けなければならないのですか?」と彼女は付け加えました。

フスコ氏は、この法案の著者は法律を守る彼の選挙民の権利ではなく、犯罪者(既決囚)の権利について心配しているように見えますと述べました。

「彼の選挙民は公的あるいは民間な従業員、選ばれた代表者(議員)、あるいは隣人としても、連絡を取りあう、彼らの地域共同体で暮らし、働く、これらの犯罪者の背景を知る権利を持っています」とフスコ氏は言いました。

トレス議員は、バラエティー紙にH.B.17-52が過去に間違いを犯した人たちを助けるが、共同体に貢献しようとすることによって今日を償うことを望むと言いました。

彼は前科者がまだ法廷に彼らの消滅を請願しなければならないであろうと言いました。もし申請者がそれに適合しなかったならば、法廷はまだそれを否定することができます。司法局長オフィスは、もしその人物が大衆に未だ脅威を持っていると判断するなら、この申請に反対することができます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

CHC、REPが道路を直撃