Malae氏「計画停電は起こり得る」

 


先週、30日の辞職届けを提出したことで退職するコモンウェルス・ユーティリティ株式会社CUCAbe Utu Malae局長によれば、もし政府とその事業体が公共費(電気水道使用料)を払うことが出来なければ、サイパンで計画停電が起こるであろうとしています。


もし、パブリック・スクール・システムPSSとコモンウェルス・ヘルス・コーポレーションCHCが「仕事を充実させてそれらの請求額を定時に支払えば」計画停電は起こらないであろうと同氏は述べました。


しかしながら、中央政府は「大変良く」支払いを続けてきていると同氏は述べています。


知事によれば、CUCは中央政府、PSSCHCによる800万ドル以上の負債を負わされているとしています。イロイ・イノス副知事は、CHCに負っている莫大な金額は中央政府ではないと言っています。


Malae氏はPSSCHCCUCでの彼らの債務調停をする必要があると述べました。この二つの政府機関の財政問題が「スケープゴート」になっていると付け加えました。


「それでもなお、私はPSSによって行われた維持努力と彼らの太陽光パネルの感銘を受けています」と同氏は付け加えました。


その一部でCHCは、すでに圧倒された問題を多数抱えており、サウンド・コンサベーション・プログラム達成には至っていません、とMalae氏は述べています。


CUCのそのベンダーへの債務、特にその燃料供給について尋ねられて、同氏は「そのオイル会社との関係が恐ろしかった数年前から750万ドルで限界に達しているクレジットの文書(売り掛け請求書)があります」と述べました。


しかしながら、同氏は、CUCはモービルとの「現金取引」において現在負債はありませんと同氏は述べました。


同氏に指導体制において、Malae氏は政府、特にCUCが直接の取引を行っている多様な政府機関、財務局、環境資質部門DEQ、パブリックランド課DPL、公共事業課DPW、コモンウェルス港湾局CPA、市長室、土地と自然資源課DLNR、共同体と文化問題部門から「すばらしい協力体制」を得たと述べています。


 


中央政府ではない


知事はCUCの緊急事態声明の中で、政府は公益機関(CUC)に800万ドルの負債があると述べましたが、インタビューでイノス氏は実際に自治権を持つPSSCHCが大きな負債をCUCに負っていると述べました。


同氏によれば、中央政府は4月度のそのCUC請求額を支払ったばかりであるとしています。


同氏は正確な集計は終わっていないが、「我々はなんの未納もない」とイノス氏。


政府全体が財政危機にあるが、中央政府はすべてを扱う必要はないとイノス氏。


PSSCHCは政府から予算を受けています。


別のインタビューで、ポール・マングローニャ上院議長は記者に、もし上院議会案が両院の委員会によって考慮されたならば、下院法案17-278CHCにそのCUCの請求額を支払うことを認めることになるであろうと述べました。


上院はマリアナ・パブリックランド・トラストMPLTからの借用を望む1,158万ドルの150万ドルを使用することをCHCに要求するであろう条項が含まれています。


しかしながら、先月下院法案17-278が両院を通過する前に、評議員はこの条項を取り除きました。


マングローニャ氏は、もし同法案の上院版が通過していればCUCの緊急事態宣言は不必要であったであろうと述べています。


イノス氏は、議会がコモンウェルス・パブリック・ユーティリティ委員会CPUC3名の任命者をすでに認めているが、CPUCを再稼動することが自動的にCUCをその緊急事態状況から外すものではないと述べています。


副知事はまた、「我々がCUCに再生可能エネルギーの提供を望む2社の契約を発効する間際に来ている」ことを公開しました。


緊急事態宣言は契約を授与するときに調達規則を一時停止します。


イノス氏は、1社は米国のアメリカン・キャピタル・エネルギー株式会社でもう1社はクァンタムで、以前報告された韓国ではなく日本の会社であると述べています。


イノス氏は、これらの契約が政府の経費にはならないと述べました。この会社はCUCに電力を売ります、と同氏は付け加えました。


もし、緊急事態宣言が撤回できれば、すべての政府の問題は是正されるものであるか、の問いに「いいえ、再生可能エネルギーの製造を始めるにはしばらくの時間がかかるためです」と答えました。


下院議長のエリ・カブレラ氏とジョー・M.パラシウス下院議員は知事の緊急事態宣言を弁護しました。


カブレラ氏によれば、CNMIが再生可能エネルギー開発を援助する関心を表明している多数の企業があると述べています。


知事は大変遅い進展にうんざりする適当な理由があると述べました。


「我々は電気料金の引き下げる必要があります。事業者は高額電力費のために閉業しています」と同氏は述べ、関心を持つ多数の事業体があるが、誰も真剣に取り組んでいるようには見えない」としました。


パラシウス議員はCNMI40パーセントの再生可能エネルギー目標にすでに向かうべきであると述べました。


Malae氏は以前インタビューで、「2012年の再生可能エネルギーの送電網の40パーセントの浸透は送電網を壊す原因となるかもしれないことを警告しました。不運にも、国会議員と非エンジニアは、CUCが責任を負うことになる法律の40パーセント基準を条項にしました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です