ファンドのチャプター11訴訟却下

 


裁判官がファンドの政府、受益者の処理は「恥ずべき」と発言。


NMIの破産部門の連邦地方裁判所が指名したロバート・J.ファリス判事は昨日、NMIリタイアメント・ファンド(退職者年金基金)のチャプター11破産申請を却下する仮の判決を維持しました。


1時間以上続いたテレビ審議でファリス判事は、基金は「政府のユニット」でチャプター11(第11章)の破産基準下の救済対象ではないことを、仮の判定で同判事の考えを繰り返しながら、米国の受託者の、そしてまた他の数名の当事者によって提出された棄却請求を認めました。


同氏はまた、CNMI政府の一部で手段であるファンドは、自治体としての資格がないと判断しました。


しかしながら、本件の棄却は称揚を求めない、とファリス判事は述べ、災害としてのファンドの立場を説明しています。


[政府によって]扱われているファンドの方法は、恥ずべきです!受益者が扱われている方法は恥ずべきだ!」と同判事は述べました。


ファリス氏は決定を行った後、基金の弁護士の一人、ジェレミーB.コフィー弁護士は、彼らが基金との判決を議論する必要があると言って、命令を留める、あるいは遅らせることを裁判所に求めました。


ファリス判事は未だ文書での命令を発効していないのと同時に、その代わりに自動的保留が存続する申し立てを提出するようコフィー弁護士に伝えました。


ファリス判事は、ファンドの法律顧問としてブラドック・J.ヒューズマン法律事務所とブラウン・ロドニックLLP法律事務所の保持を認める命令を求めるファンドの要請を認めました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です