CUCがレート調整を熟考

 


今月初め、CUCコモンウェルス・ユーティリティ株式会社はそのリベライズド・エネルギー・調整条項「LEAC」レートを10パーセントまで削減し、国際市場の燃料価格の下落のために更なる調整を行うでしょう。


CUCの財務主任チャールズ・H.ウォーレン氏は燃料価格における更なる値下げを望んでいると述べました。


「しかし、我々はもしLEACが調整されるのであれば、我々が決断する前の6月全体の燃料価格データを必要とします」と同氏は付け加えました。


同氏は来週までに、CUCがレートを更に調整するかどうか決定するであろうと述べています。


LEACは燃料経費を基にしています。


現在のレートは$0.29569で、値上げあるいは値下げはCUCがその発電所を操業するために買う燃料の経費に依存しています。


ウォーレン氏は同時に、CUCがその従業員の給与からリタイヤメント・ファンド(退職年金)掛け金を控除し続けるであろうと述べました。


同氏は裁判所がCUC30パーセントの率で掛け金を支払うよう命じたと言っています。


同氏はCUCとファンドが年金機関へのCUCの義務に関する「矛盾」を解決しているかどうかについてのコメントを避けました。


「このファンドとCUCの間の訴訟は未だ係争中であるので、私は今回、その額に関してコメントできない」とウォーレン氏は述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です