スウィフト・エアーがチャプター11(破産)を申請

 


サイパン航空との契約に関連する重要な燃料価格の上昇や問題、深刻な流動性の問題のため、スウィフトエアLLCはチャプター11破産保護を求めています。


624日にサイパン航空との契約を打ち切った、財政難に陥ったスウィフト航空は627日、アリゾナ州地区の米国破産裁判所にチャプター11に従う救済のための自主的な申立てをしました。


 スウィフト航空は、米国破産法基準§§ 11071108に従って占有継続債務者として運営を続けます。


セクション1107は所有物の債務者が、このチャプターの下の法措置で扱われる受託者の、セクション1106(a)(2), (3), (4)で指定された業務を除く、セクション330に従った補償する権利以外、権限、すべての機能と業務を実行する、すべての権利を持っていることを表明しています。


セクション1108に従って、受託者は債務者の事業を運営することができます。


嘆願日において、スウィフト航空経営役員のハンク・トバート氏によって代表された債務者は、サイパン・エアー株式会社、タン・ホールディングス社を20件の最大不確実損害賠償を抱えている債権者のリストの中に挙げました。


スウィフト航空はサイパン航空に1276千ドルの負債があります。


サイパン・エアーはチケットを販売している中国と日本に71日、その処女飛行が行われるはずでしたが、624日にそれらの合意を廃棄しているスウィフト航空によってその立ち上げがキャンセルされました。


スウィフト航空はチャーター便を提供するためにリースした4機の航空機を使用しており、(破産法適用)嘆願日の時点で航空チャーター輸送を提供するために7人のプロ・スポーツ・チームとの契約を持っていました。


1260万ドルを負っている国際リース・ファイナンス社から757型航空機2機がリースされました。


それは、その全航空機にこれらの2機を追加することができるように、それは運輸省とのパート121証明書の改正が適用されます。


スウィフト・エアーはサイパン・エアーLLCとのその合意を満たすため、これらの2機の追加航空機材を使用することを計画していました。


201112月初め、新たな所有権に従って、スウィフト・エアーはその運営に資金を供給し続けることができるように保護された貸し手と500万ドルの融資契約を求めることを検討していました。


この包囲された同社は、主要なクライアント、プロ・スポーツ・チームがそのサービスを確保されることがなかった4月から9月の間の重要な月間中に、この追加資金を使用することができることを期待していました。


しかしながら、この融資は具体化されることはありませんでした。


複雑になったその状況がそのパート121証明書の改正の承認の遅れであり、サイパン・エアーとその義務を満たすための障害の原因となりました。


サイパンでは、その義務遵守を果たせなかったスウィフト航空が、71日に日本と中国への処女飛行を行うことを目指したタン·ホールディングス株式会社を落胆させました。


火曜日のインタビューで、タン・ホールディングス社のスポークスマンで主任法理顧問のスティーブン・ピクスレー氏は、彼らが法的救済措置を求めていたと述べ、北マリアナ諸島連邦地方裁判所でおそらく契約不履行、詐欺、誤伝の告訴ができるとしました。


同氏は彼らが告訴する時期を公表しませんでした。


同氏はバラエティ紙に、彼らがスウィフト航空社に保証委託金として、49日に90万ドル、529日に36万ドルの2回を銀行送金させたと語りました。


ピクスレー氏によれば、サイパン・エアーはスウィフト航空社から2機のボーイング757型機と1機のボーイング727型機の3機の航空機を期待していました。


ピクスレー氏はサイパン・エアーを所有するタン・ホールディングスはおそらく別のパートナーを探すだろうと言っています。


チャプター11の申し立ては、自動的にすべての審判、徴収活動、差し押さえや債務者に対する財産の差し押さえを一時停止したままにします。


この保留は、財政難を解決するために債務者に一息つかせる猶予を提供します。


サイパン・エアーはインターナショナル·リース·ファイナンス(株)の次に、スウィフトAirの二番目に大きな債権者として記載されています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です