観光客二人が溺死、サンナントニオ・クラブ再び出火

 


二人の韓国人観光客がパシフィック・アイランズ・クラブPICで溺死しました。一方、昨年1月に火災で損害を受けた前モンテカルロ・クラブで火事がありました。


公安局DPSはまた、2012628日、パパゴの住宅での窃盗事件と強盗に関する情報を発表しました。


警察と緊急医療サービスの担当者昨日の溺死事故のためにPICに午後2時に派遣されました。


公安局の情報責任者ジェイソンTarkon氏からの声明によると、「溺死した犠牲者の名前の発表は、近親者への通知を保留しながら差し控えています。この事件は、調査中であり、溺死事件として分類されています」とのことです。


二人の韓国人女性は、26歳と27歳で、医療者らに反応がないと判断されました。


警察によると、セキュリティ・ガードがスイミング・プールで女性を二人を発見したとのことです。


被害者の女性の一人はプールの底で止まっていたのを発見され、もう一人の女性はプールの表面に静止して顔を伏せて浮いていた、とTarkong氏は述べています。


セキュリティ・ガードはプールの中に飛び込んでこの観光客らを助けようと試みました。


他のホテルの従業員も手伝い、CPRが被害者に試みられた二人はコモンウェルス・ヘルス・センターCHCに搬送されフローレンス・シェンカー医師が彼らの死亡を確認しました。


 


サンナントニオの火災に関して、捜査員はもうひとつの放火事件であると考えています。


バラエティ紙は、ビルに電力供給がなかったこと、そして放火捜査員が自然発火ではないと判断したことを突き止めました。これは1月以来事業者が蒙った二度目の被害です。


火災は水曜日の午後8時過ぎにクラブのメインビルディングで始まり、午後9時に消火されました。


昨年1月の事件で、火災はマリーズ・ベーカリーの元寮を襲い、炎は最終的にモンテカルロ・クラブの背面に隣接して新しく改装されたファンクションルームを巻き込みました。


Tarkong氏はDPSと犯罪ストッパーが最新の火災事件と、先月パパゴの住宅で発生した強盗と盗難に関する情報提供を一般大衆に求めていると述べました。


2012628日、午前630時頃、被害者の一人、24歳の女性が家に帰ったときに犯罪を発見しました。


Tarkong氏は、被害者が「彼らの家が荒らされた」ことを報告したと言っています。


盗まれた個人所有の品々は、黒20インチ・サムスンのフラットスクリーンテレビ、銀色のマックブックProラップトップ、グレーのHPパビリオンDV5ラップトップ、黒のソニー・ヘッドフォン、黒のI-Podの充電器と300ドルの現金が含まれていた、と警察は言っています。


「進入場所はこじ開けた台所の窓からであった」とTarkong氏は伝えました。


これら事件に関する情報は 234-9797まで。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

「嘘はやめよう、知事」