犬登録の更新を促される飼い主

 


サイパン市長室は今犬の登録の更新を行っています。


市長室が昨年6月にその村から村への犬鑑札を始めたとき、1年で数百人が登録されました。


市長室の犬監督プログラムのスタッフ・メンバーのひとり、ビク・パンゲリナン氏は、犬の飼い主(所有者)は彼らのペットの登録をビーチロードのラデラ・センターの市長室で行うことができます。


同氏は、彼らの登録期限が切れたことについて彼らに適切に伝えるために犬の飼い主に注意を送り出すでしょうと述べました。


犬監督プログラムは村から村の犬登録を継続するであろうが、彼らは未だ最終的なスケジュールを得ていないと付け加えました。


彼らはまたすべての村の野犬を排除し続けるであろうとも同氏は言っています。


先週の火曜日、パンゲリナン氏は彼らが「危険な」犬を3匹捕まえたと述べました。


犬監督法令規則は「犬の飼い主(所有者)はいつなんどきも、彼らの住居で、または公共の場所で彼らの犬をひも(鎖)で繋いでおくことが義務付けられており、違反は(犬の)保管所に連れられていくでしょう。


サイパンのすべての犬は、それが市長室に登録されていない限り、浮遊とみなされ、政府のタグ番号を発行されました。


保管所の料金は以下のとおりです。初犯16ドル、二回目で32ドル、そして三回目で47ドル。平日と週末の午後430分以後での特殊な保管所の料金は$ 47です。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です