CWステータスの外国人労働者がCW取得に失敗

CWステータスの外国人労働者がCW取得に失敗


米国イミグレーションは不可解です。これはフィリピンに休暇に帰ったフィリピン人労働者によって知らされたものです。


パシフィック・アイランド・クラブPICのメンテナンス・スタッフ、テオドルフォ・C.ペレズ氏45歳は意気揚々と島を離れました。


CWステータスを与えられたペレズ氏はサイパンに戻ることが認められたCWビザを7月11日得るはずでした。


しかし、隣人にUTOYとして知られている同氏は「却下された」と話しました。


質問は一つだけです、と同氏は水曜日の電話インタビューで言いました。


「どのくらいサイパンに留まるのですか」マニラのアメリカ大使館で領事はペレズ氏に尋ねました。


同氏は、「契約で示されたように・・1年です」と答えました。


マニラ南部、カビテ地方、インダンに現在居住するペレズ氏は過去17年間サイパンで腹居ていました。


米国大使館での彼の面接でペレス氏は領事が彼に「残念ですがビザを与えることは出来ません」と伝えたことを思い起こしました。


同氏は彼の給料が米国基準でないと伝えられました。


彼の給料は時給$5.05でなく$7.25でなければならないと伝えられました。


ペレズ氏は彼の給料が北マリアナ諸島の最低賃金であることを説明しました。


領事は連邦基準以下で支払われる仕事で米国への入国は認められないことを主張しました。


ペレズ氏はしばらく呆然としたと言いました。


同氏はバラエティ紙に、彼が後にこの問題を解決するためにその最善を尽くすPICによって保証されたと語りました。


ペレズ氏はこれは起こってはならないことであると言っています。


CW承認ステータスは米国市民権とイミグレーション・サービスによって発行されているのと同時に、米国外の米国大使館及び領事館がCWステータスのこれらのビザ申請を処理します。

昨日の時点で、バラエティ紙は未だマニラの米国大使館及び州の部門からコメントを得ていません。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です