ホテル経営陣「NMIが居住労働者を訓練するためには数年以上を必要とする」

 


北マリアナ島ホテル協会HANMIのニック·ニシカワ会長によると、北マリアナ諸島は居住民労働者を訓練するためにより多くの時間が必要であるとしています。


ハイアット・リージェンシー・サイパンの総支配人でもあるニシカワ氏は、2014年に連邦化移行期限終了にHANMIの懸念も説明しました。


同氏は、その年を経過した後、「今CNMIの経済を支える唯一の産業である」ホテル観光産業のために十分な労働者数を維持することが困難であると判断していることをHANMIは懸念していると言いました。


CW規則に「我々は従って行動せねばならない」とニシカワ氏は述べています。


20141231日に終了する移行期間は20091128日に始まりました。これは200858日に署名された連邦化法、または2008年連結天然資源法CRNAの結果でした。それはCNMI連邦移民法への最初の時間を延長しました。


CRNAの下で、米国労働省は20141231日を以後5年間までCNMIの移行労働者ビザカテゴリの有効期間を延長する権限を持っています。


DOL(労働局)は、それがまだフィッテイェル知事によって要求された延長を付与するかどうかについて決定を下していないことをバラエティ紙に語りまし。


商工会議所サイパンは、CW-1労働者を容易に置き換えることができないとして、プログラムの延長を求めています。


商工会議所は、CNMIがコモンウェルスの「米国現地の潜在的採用者の数が少ないのを補うために外国人従業員に依存し続ける」と確信しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です