CNMI政府、フィッティル知事、CUCに対するファンドの訴訟をファリス判事が差し戻す

                       


NMI破産部門の連邦地方裁判所の裁判官に指名されたロバート・J・ファリス判事は、CNMI政府とフィッティエル知事に対して、そしてCUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社に対する上級裁判所でのNMIリタイヤメント・ファンド(退職基金)の訴訟を差し戻しました。


この展開で、ファリス判事は同じく支払い送金へのそれらの失敗と主張されていることに対する異なったCNMI行政機関に対する同ファンドの訴訟も棄却しました。


木曜日に出された別個の命令で、CNMI政府、フィッティエル知事とCUCに対するファンドの訴訟を差し戻すことにおいて、ファリス判事は基礎をなしているファンドのチャプター11破産訴訟の却下を指摘しました。


同じく木曜日に出された別個の命令で、ファリス判事は異なるCNMIの行政機関に対して権利を毀損せずにファンドの訴訟を却下しました。本件を却下することにおいて、裁判官は同じ理由でファンドの破産訴訟の却下を指摘しました。


破産訴訟の提出の後に、ファンドは、CNMI政府とフィッティエル知事とCUCに対するその別個の訴訟を上級裁判所からNMI破産部門の連邦地方裁判所に移しました。


破産訴訟の提出と共にファンドは、それから連邦裁判所の破産部門でCNMIの行政機関に対して別個の訴訟も提出しました。


ファンドは2006年に政府、フィッティエル知事、財務局に対して、そしてその後、義務付けられた支払の送金の政府の失敗に関して当時の財務局長イロイ・S・イノス氏に対して訴訟を提出しました。


20096月、ゴベンド判事はは政府が損害でファンドに23160万ドルを借りている、そしてファンドへの政府の貢献をしばらく見合わせている法律が違憲であると裁決しました。


20112月、ファンドの損害は伝えられるところによれば、オリジナルの23100万ドルから31700万ドルまで増加しました。


20115月、ファンドは雇用者貢献での合計440万ドル、罰金と経済的損害を支払うことに関する失敗を主張して上級裁判所にCUCに対する訴訟を提出しました。


この訴訟は上級裁判所で差し迫っています。


CNMIの行政機関に対するファンドの訴訟それぞれで、最初の訴えでファンドはコモンウェルス政府信用金庫、CNMI政府とLarrisaラルソン財務局長を被告に指名しました。


他の訴訟で、被告に指名されたのはPSS公立学校システム、BOE教育委員リタ・A・Sablan氏、教育委員長で会計のガルヴィン・S・Deleon ゲレロ氏、BOEメンバー、MaryLou S・アダ氏、D・ターニャ・キング氏、ルーシア・ブランコ – Maratita氏とハーマン・T・ゲレロ氏です。


3番目の訴訟はCHCコモンウェルス医療株式会社を唯一の被告に指名しました。


4番目の訴訟はNMC北マリアナ・カレッジ、NMC学長シャロン・Y・ハート氏、NMC会計係フランク Rabauliman氏と理事会メンバーのフアン・T・Lizama氏、エレイン Hocog Orilla氏、アンドリュー・オルシーニ氏、マリア・T・ピーター氏とウィリアム・S・トレス氏を被告に指名しました。

5番目の訴訟はCNMI政府とラルソン財務局長を被告に指名しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です