更なる下院議員が今フィッティエル知事の弾劾を支持

 


下院少数派はフィッティエル知事の弾劾を求めるでしょう、それは知事に対する非常に強いケースを確立したので、「辛抱して下さい」と下院少数派リーダーのジョセフ・P.デレオン・ゲレロ氏は昨日語りました。


弾劾決議は昨日の審議において導入されましたが、バラエティ紙は9人のメンバーがそれをサポートし、5人以上が彼らに加わることに傾き、知事を弾劾することに必要な数の合計14人であったことを知りました。


Deleonゲレロ氏は、「我々はそれを行うことに非常に近づいた」と記者団に伝えました。


同氏は、彼らがドラフトを完了させて、次の審議前にそれを事前提出する予定であると語りました。


「我々は、次の審議でそれを提起します」とDeleonゲレロ氏は付け加えました。


コミュニティのメンバー数人も知事を弾劾するために議員を促し始めています。


土曜日にSadog TASIの住民がドライバーに「警笛、弾劾を」を促すサインを持って並びました。昨日、エドPropst氏は知事の弾劾を求めるオンライン署名運動を思い付きました。


午後1033分の時点で、110人の個人、全てCNMI住民で選挙民が嘆願書に署名しました。そのうちの数名は彼らが知事退陣を望む理由を掲げました。


彼らの一人は「あまりにも長い間、我々の大多数の人々が現政権の支配下で苦しんでいる」と述べました。


別の嘆願者は、「非常に多くのレベルで、この政府内の汚職が明るみに出される必要がある」と述べました。


詳しくは、


http://www.change.org/petitions/the-cnmi-leglislature-impeach-cnmi-governor-benigno-fitial をご覧下さい。


「できれば、変革の時であると感じる友人や家族とこれを共有してください」と Propst氏は言っています。


Deleonゲレロ氏は、知事弾劾へ国民の叫びに気づいていると述べています。


「我々は水を保持し、証拠によって支持されるであろうその事実を提示することに近づいて来ています。我々は、上院で有罪判決を確保する決議案を提出したい」とDeleonゲレロ氏は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です