給料小切手カット、米国の資金提供カット

オバマ政権と議会が1231日前にいわゆる「財政崖」取引に達しないならば、CNMIと米国の他州の労働者階級の人々は彼らのお小遣いが減り更に納税をすることになるでしょう。米国の自動支出削減のため、CNMIもまた取得連邦資金も減ると、イロイS.イノス副知事は言っています。

起こることを待っている、全国のマスコミが人災と呼ぶ財政崖は、その領域を含むアメリカ合衆国で、10年の間7兆ドルの相当の増税と支出削減を含んでおり、11日に実施されるでしょう。

たとえば、隔週80時間労働で時給5.55ドルのCNMI最低賃金をかせいでいる政府及び民間企業従業員は、更に2週おきに8.88ドル、または1ヵ月につき17.76ドルの給料小切手からの控除を見ることになります。

議会とオバマ政権によって延長されない限り、従業員のための2パーセントの米国の社会保障免税期間が1231日に期限切れになるので、政府と民間部門労働者の給料小切手は来年収縮します。

免税期間の延長なしで、毎回の給料の従業員の社会保障課税控除は現在の4.2パーセントから6.2パーセントに戻ります。雇い主の負担分はまだ6.2パーセントです。

連邦保険貢献法FICAFederal Insurance Contribution Act)は労働者階級の人々の給料から差し引かれる税によって、社会保障とメディケアがカバーされます。

隔週80時間労働の最低賃金労働者は、現在給料小切手からすでに差し引かれている上に、年間の給与総額の230.88ドルを取り上げられることになります。

前財務局長で政府財源を監督するイノス副知事によれば、これは連邦税を払っている従業員にとって「減らされた可処分所得」を意味するとしています。

免税期間が延長されないならば、1年につき50,000ドルを稼ぐ人は2013年に賃金税で別に1,000ドルを払います。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

Hofschneider氏が新任の上院議長