サンダーソンSebuu容疑者がCKで男性を突き殺したとして逮捕される

サンダーソンIlo Sebuu被告24歳は、20121231日にチャランカノアで男性を数回突き殺したとして逮捕されました。

被害者は頭と胸に裂傷を負い、一突きは腰に傷を負いました。彼は左手の切り傷でも苦しんだと警察は言っています。

昨日、上級裁判所のジョセフN.カマチョ判事は、Sebuu被告に最初の17,500ドルの保釈命令を25,000ドルに増やしました。

公定弁護人オフィスによる利害の衝突が存在するので裁判所法廷はコリン・トンプソン弁護士をSebuu被告の弁護人に任命すると同時に、ニコル・ドリスコール検事補が政府の代表を務めます。この利害の衝突は明らかにされませんでした。

Sebuu被告は平和を乱した罪、凶器による暴行の罪そして重度の殴打暴行で拘束されています。

1231日午後804分、チャランカノアでキャサリンPangelinan刑事はSebuu被告を逮捕しました。事件は1231日のまさに深夜、起こりました。

駆けつけたジョナサンCepeda巡査は、負傷した被害者がチャランカノアのテキサス通りに面した前のダッカ店の前のベンチに横になっているのを見つけました。

刺傷事件の前に、被害者は、被害者のタバコがどこにあるかSebuu被告に尋ねました。

被害者がベンチに横になったので、それから、Sebuu被告は亜鉛メッキパイプとナイフを取り出しました。

突然、Sebuu被告はパイプで被害者の腹を叩きました。被害者が起きようとしたとき、Sebuu被告は彼を押し倒して、彼の頭をナイフで二回切りました。

被害者が彼のアパートの方へ走ったとき、Sebuu被告はあとに続き、そして、彼らは室内で争いました。

被害者はなんとかアパートから出ることができましたが、Sebuu被告は後を追って被害者の右大腿を刺しました。被害者の隣人が警察に助けを求めたときSebuu被告は逃げました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

悲惨な死