テノリオ氏がフィッティエル知事を弁護

フロイランC.テノリオ前知事は昨日、フィッティエル知事を弾劾することがCNMIの悪い先例をセットすることになるであろうと言いました。

肺がんの治療を受けるためにほぼ10ヵ月間島を離れていたテノリオ氏は昨晩KSPNに、知事は議員が彼と意見が合わないたびに弾劾の脅威をにさらされるようであってはならないと話しました。

弾劾推進派のフランシスコS. Delaクルース下院副議長は、同意はしないがテノリオ氏の意見を尊重すると述べました。

フィッティエル知事の不正行為のため、CNMI憲法によって規定されたように下院が知事を弾劾すると同氏は言いました。

「我々が現在こうしている理由があります」とDelaクルース氏は述べ、、弾劾推進派の勝利を見た11月の選挙結果に言及しながら、第18回下院は人々の要望に従わなければならないと付け加えました。

Delaクルース氏は、立法議会と政権がCNMIの緊急の問題を解決するために協力しなければならないが、これは弾劾と全く異なる問題であると言いました。

前上院議員でワシントン代表であったテノリオ氏は1993年の知事に選ばれて1期を勤めました。長年の民主党員の同氏は、2009年のフィッティエル氏のコビナント党候補で第一区の下院候補で出馬し、わずか1年後に退いた第17回下院議長になりました。

テノリオ氏は昨年の中ごろに病気療養休暇に出たために下院には戻りませんでした。

昨晩、彼はKSPNに、「私は帰って来て非常に満足です。ここは私の島です。私は島の男です。これが私の気候のようなものです。人々が私をどのように思っているかはわかりませんが、私の健康を祈願してくれたことに私はお礼を言いたいです。私はそばにいます」と述べました。

フィッティエル氏に関して、もし人々が知事に満足でないならば、彼の任期を終えさせてから、次の総選挙で新しいリーダーを選ぶべきであるともテノリオ氏は言いました。

「我々が知事の政策に同意しないたびに知事を追い出すというこのアイデアが私は好きでありません」と同氏は付け加えました。

同氏は、今、知事が立法議会、特に下院が知事に協力するともはや予想することができないと言いました。

「それで、下院は知事がしたいことのすべてを妨げるため、それは手詰まりになります…2年の間」と同氏は付け加えました。

テノリオ氏は、フィッティエル氏に対する弾劾決議を読んで、その記事の多くが「合法的でない」ことがわかると言っています。

弾劾決心が下院によって採択されるならば、それが将来の知事に影響を及ぼしそうであると同氏は言いました。「次の知事は立法議会が彼にして欲しいことをしないならば、彼らが彼を弾劾で脅すかもしれないと常に思います。私はそれを避けたいのです」

新任の下院指導部は代わりに知事と話し合う機会を得るべきであるとテノリオ氏は言いました。

同氏はフィッティエル知事もまた、今、立法議会、特に下院と共に働くべきであると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です