フィッティエル知事が議員に懇願

ロタのペリーB. Inos判事を次期最高裁判所判事になる任命を行った後、フィッティエル知事は今、テニアンのラモンK. Quichocho弁護士を判事になる候補者に指名することを望んでいることをバラエティ紙は知りました。

ロタとテニアンは、上院9議席の6議席を持っています。現在確実となっている下院による弾劾がなされると同時に、6人の上院議員が下院によって起こされた告発の有罪判決を下すならばフィッティエル知事は解任されます。

バラエティ紙は、知事の支持者であることが知られている実業家が、フィッティエル氏有罪を判決しないことを確実とするために上院議員の負債を払う気があるということも知りました。

知事は、立場を翻すように2人の弾劾派下院議員、マリオTaitano氏とジャネットU. Maratita氏を説得することができませんでしたが、さらに、試みました。

フィッティエル氏の盟友、前知事のフロイランC.テノリオ下院議員は、知事が彼に数人の下院議員と話をするよう求めたことを肯定しました。「そこで私は『OK、マリオTaitano氏に話させてください』と言いました」

しかしながら、彼があまりよくTaitano氏を知らなかったために、テノリオ氏は弾劾派下院議員の親友であると知られてた彼のいとこ、実業家のノーマン・テノリオ氏に接触したと述べました。

「私は彼に電話をして、マリオと話をしたいと伝え、そして、我々は朝食をとるべきである」とこの前知事は言いました。

テノリオ氏はまた、聴聞において弾劾に反して話すのを許すよう弾劾委員会の議長トニーP. Sablan氏に頼んだことも明らかにしました。

同氏はサブラン氏が召喚された人々しか証言することがでないと言って、彼を拒絶したと述べました。

しかし、前下院議長でもある、この前知事は、木曜日の下院会期に出席し、フィッティエル氏に対する弾劾動議について何かを言うと述べました。

彼は聞いてもらうことを望んでいるだけです、と同氏は付け加えました。

別のインタビューでTaitano氏は、弾劾に関する彼の立場は変わらないと述べました。

「弾劾に関する特別委員会がその聴聞をまとめあげた後、[弾劾決議が]本会議に戻るであろうと私は思っています、そして、もちろん、私はそれに投票します」と同氏は言いました。

「弾劾に対する支持とすべての運動の後、私が心を変えることはありません。ノー。私はずっとそれを支持しています」と同氏は付け加えました。

Maratita 下院議員は、知事のサイパン開発LLCとの19,000万ドルの発電所契約に対する訴訟で上院と彼女の代表であったラモンQuichocho弁護士と彼女を、フィッティエル知事が「気前よくもてなした」ことを否定しました。

インタビューにおいて、Maratita議員は知事が彼女の電話番号さえ知らないと言いました。

彼女はまだ弾劾を支持していると言いました。

「私は、まだ、知事が弾劾されなければならないと思い続けています。弾劾を支持しているので、私は[弾劾]決議に署名しました」とMaratita議員は付け加えました。

「それに署名しない理由がありますか?正しく、弾劾告発書は私の姿勢の証でなければなりません。そうでしょう?そして、私はそれに署名しました。私は、正しいことを行うことを約束したままです」と彼女は付け加えました。

彼女は未だ「弾劾を支持する19000万の理由と正しいことをする19000万の理由」を持っているとMaratita議員は述べています。

Quichocho氏は、知事がはっきりと彼に提案をしていないが、彼はその趣旨の声明を出しました」と述べています。

「私は、いずれにしろそれを信じていませんでした」と同弁護士は言いました。

「私は立っている最後の弁護士でありえるし、彼は私を任命しないでしょう」と同弁護士は付け加えました。

下院は木曜日にH.R. 18-2を採択すると思われます。それは、知事を重罪、汚職と任務の怠慢で告発している18項目の弾劾を持っています。

関係者はフィッティエル知事に有罪判決を下すために票決する6人の上院議員がいなければならないとバラエティ紙に語っていますが、「警戒する」メンバーはロタとテニアンからの議員です。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です