ワイズマン判事が再度バッキンガム氏の動議を却下

上級裁判所のデイビッドA.ワイズマン判事は、元AGエドワードT.バッキンガム司法局長の特別検察官として公式監査オフィスの法律顧問ジョージHasselback氏を指名している初期の裁判所命令を再考するこの前司法局長の最新の要請を再び却下しました。

昨日署名されたワイズマン氏の4ページの命令において、逃走中の逆資格教義またはFDDに基づく法廷の前の命令に従って、法廷がバッキンガムの一方的な請求を拒むとワイズマン氏は言いました。

「彼がFDDに基づく司法からの逃亡者のままであると同時に、裁判所法廷は[バッキンガム氏による]いかなる救済も検討することを繰り返し否定した」とワイズマン氏は言いました。

法廷に立場の協議を設定するよう依頼したブライアン・セール・ニコラス弁護士を通じて、バッキンガム氏がもう一つの請求を提出したあと、法廷の警告にもかかわらず、FDDが彼のごく最近の請求を妨げてはならないと主張する、バッキンガム氏がFDDの法廷の使用に先行している命令に疑問を呈しようとしている[バッキンガムの]議論はメリットはありません」とワイズマン氏は言いました。

バッキンガムは、セール・ニコラスを通して、第九巡回法廷と他の管区からいくつかの判例法をあげましたが、「彼の保持する手元の問題とは無関係です」とワイズマン氏は言いました。

裁判官は付け加えました。「問題は、障害がある行動がFDDの法廷の使用に先行するときでも、FDDが実質的に残るかどうかということが手元にあります。この問題の法律権威者を引用しません。[バッキンガム氏]彼が逃亡者としての身分を捨てるまで、この問題でいかなる救済も求める権利を否定しているその前の命令[バッキンガムのもの]が優位とする裁判官は立場をとります」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です