『上院での骨の折れる戦い』

重罪、汚職と任務の怠慢でフィッティエル知事を公務から追放する民主主義の手続きはまだ終わっていない、と上院裁判を「活発に、そして、細心に」準備することも誓ったジョセフP. Deleonゲレロ下院議長は言っています。

「プロセスは終わっていません。我々はそれを上院に向けて押しだすだけです」と同氏は言いました。

「我々は遠く離れたところから我々が今現在いるところへボールを運んだだけです。それは上院での難しい戦いです」と同氏は付け加えました。

下院は昨日の午前1130分、フィッティエル氏を任務の怠慢で告訴している残り5つの弾劾告発書を承認しました。

票決164によって、下院は、項目第13の公共事業委員を任命することに関する知事の怠慢; 項目第15の公安局長官を任命することに関する知事の怠慢; 項目第17DPLパブリックランド局長を指名することに関する知事の怠慢;そして項目第18DPWパブリック・ワークス局長を指名することに関する知事の怠慢、を採択しました。

裁判長を任命することに関するフィッティエル知事の怠慢に関係する項目第14に関して15人だけが賛成に、そして4人が反対に投票しました。ローマンC.ベナベンテ下院議員は棄権しました。

彼は審議後、記者に語りました。「それは単に個人的な私自身の意見です。私は理由を明らかにしませんが、私が掴んだことに基づいて感じた方法です。私はその特別の弾劾告発書に関して中立であることを望みました」

下院は先週の月曜日に票決164によって、フィッティエル氏をCNMI史上初めて弾劾される知事にした13項目の弾劾告発書を採択しました。

 

怠慢

 

昨日の審議において、少数派ブロックは「怠慢」の定義について議論しました。

「あなたの怠慢の理解は何ですか?」下院少数派リーダーのジョージN.カマチョ氏は下院指導体制に尋ねました。

同氏は、「それが公務(義務)に無関心であることを」意味するならば、そのとき、法案を導入することができない議員は怠慢で弾劾されなければならないため、この質問を尋ねたと述べました。

Felicidad T. Ogumoro議員は、彼女は支持している、サイパン・カジノのような収益を生み出す政策案を可決することへの失敗は、怠慢で議員を弾劾することの理由にもなるべきであると言いました。

NMIの経済問題を是正するであろう政策に反したことを怠慢であると考えられると、我々は言うべきでしょうか?」とOgumoro議員は尋ねました。

リチャードB.セーマン下院議員は、8日の部分的な政府機能停止を引き起こした2010年、立法議会のメンバーが時間通りに予算を可決することができなかったとき、彼らも怠慢で弾劾されなければならなかったと言いました。

怠慢についてカマチョ氏の議論に回答しながら、ジョセフP. Deleonゲレロ下院議長は、たとえ議員が法案を導入することができないとしても、彼/彼女がフロアで政策に投票することで堅実な決定をし、それが市民の最大の利益であることを確認する限り、彼/彼女は彼または彼女の義務を怠ってはいないと言いました。

カジノ政策に関しては、それが立法上のプロセスによって拒絶されたので、議員は怠慢で非難されることはないとDeleonゲレロ氏は述べました。

議会は、さらに、二回、市民にそれをもたらせ、そして、カジノ提案を拒絶することに決めたのは市民であったと同氏は言いました。

「ですから、Ogumoro議員の質問は無関係です」と同氏は付け加えました。< /span>

彼らの誰もが注意を払うことができなかったため、彼らが時間通りに予算を可決することができなかったとき、議員と彼らのスタッフも苦しんだと議長はセーマン氏に思い出させました。

それは理解できる継続する問題であるように、下院が予算を決めるために20人のメンバーを持っているとクリストファーD.レオン・ゲレロ議員は言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です