DPSチーフ「NMIの『それは、もはや平常通りではない』


サイパン商工会議所メンバーシップ定例会の昨日のゲスト、DPS コミッショナーの James Deleon Guerrero氏によれば、CNMIのそれはもはや平常通りでありませんが、多くの変更が公安局によってまだなされなければならないとしています。

同氏は、同部門が壊され、多くの調整が必要である時にコミッショナーを引き継いだと言いました。

Deleonゲレロ氏は、1月から、彼が部門を再編成して、そのサービスを改善するために15の総合命令といくつかの指示を出したと述べました。

強盗と窃盗を防止するために、DPSは特にチャランカノア、ガラパンとカグマンに警察監視を上げる自転車パトロール計画を復活させると彼は言っています。

「所有物犯罪はCNMIで最も一般的であり、そして、これは観光産業に最も損害を与えます」とDeleonゲレロ氏は言いました。

DPSは誰もが襲われる恐れなしに歩くことができる安全地帯をつくりたいと同氏は付け加えました。

バイク・パトロール・プログラムの復活で、彼らがそれを改善することができるように、彼らが後に評価を得られるよう、必要な調整をすると、Deleonゲレロ氏は言いました。

違法な薬物使用、特に「アイス」が強盗と他の犯罪行為との関連があると、Deleonゲレロ氏は考えています。

違法薬物を求める要求を減らし、そして回復で彼らを助けるための更正計画に麻薬常用者を置きながら、米連邦当局が麻薬密売を止めることに取り組んでいると彼は言いました。

「所有物犯罪を締め付けることになるのであれば、我々は違法薬物の使用を締め付けなければなりません。我々はその需要を減らし、ディーラーがCNMIを去るように、違法薬物を売っている人々の利益をなくします」とDeleonゲレロ氏は言いました。

彼は、DPSCNMIを皆にとってより安全な場所にするのを助けるために、コミュニティの援助も求めています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です