警察がマニャガハでの旅行者の死を徹底調査


警察は、土曜日にマニャガハで溺れたと当初考えられていた女性観光客の死亡を調査しています。

DPS公安局は被害者を以前報告された30歳でなく29歳のマ・ロンさんであることを特定しました。彼女は、土曜日の午前1104分にCHCコモンウェルス・ヘルス・センターで死亡を宣告されました。

ロンさんは、中国、上海から2人の女性と男性の3人の仲間と一緒にここに来ました。土曜日の朝、病院で3人の友人は未だショックの状態にありました。

彼らの一人、シャオ・ゼンZhehさん23歳は、彼女がどのようにすべてが起こったか見分けることができないと言いました。彼女が知っていたこと、彼らがマニャガハの海岸で楽しんでいたということでした。

被害者が救助員ラリーSharry氏によってマニャガハの北側で見つかったことを、BSO船舶安全のエメリーKaipat巡査による予備調査は示しています。

救助員が割り当てられなかった島の北部に「問題があるようだ」と目撃者によって伝えられたとき、Sharry氏は応急手当所にいました。

救助員は警察に、彼と同僚ピーター・クルース氏が現場に急行して、仰向けに砂に横たわっている被害者が「一見意識不明である」のを発見して群衆が浜辺に集まっているのを見たと話しました。

Sharry氏は、彼が被害者に心肺蘇生術を行い始めたと言いました。

タシ・ツアーズ・ボートが到着して、マさんをスマイリング・コーブに運び、そこで医者が彼女の処置をし続けました。

それから、彼女はCHCの精神的外傷室に運ばれて、看護婦がCPRを続けましたが、被害者は意識をまったく回復しませんでした。

DPSは、BSO船舶安全職員がまだ事件を調査していると発表しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です