公有地リース99年の新しい提案


CNMIの公有地リースの最長期間を現在の最長40年から99年まで増やす、CNMI憲法第11条を改めるという新しい提案が昨日の午後事前提出されました。

下院立法イニシアチブ18-5が下院と上院を通過すれば、それは2014年の総選挙で有権者の批准のために投票に置かれます。

このイニシアティブの主な著者は、ジョセフDeleonゲレロ下院議長です。昨日の事前提出の時点で、それには9人の共同スポンサーがいます。

現時点では、公有地リースは25年で、追加の15年は立法議会の承認に委ねられます。

公有地を賃貸しているいくつかの企業は、彼らの40年の最長リース期間の終わりに近づいています。それらには、ススペのカノア・リゾートとガラパンのフィエスタ・リゾート、ハイアットリージェンシー・サイパンのような主要なホテルがあります。

公有地リースの期間を延長することが「コモンウェルスに対する投資家の開発への関心への更新を生み出す」とイニシアチブを支持している議員は言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です