前議員「外国人労働者プログラムの5年の延長を否定」


一人の現地住民は昨日、経済界、イノス政権、立法議会と米国議会代表グレゴリオKililiカマチョSablan議員によって支持された、連邦化移行期の5年の延長に対して反対意見を述べました。

前下院議員のダニエルQuitugua氏は、20141231日に期限切れになるCNMI限定移行労働者プログラムのための移行期間の5年延長を全面支援する下院合同決議に対して彼の反意を説明するために下院審議で演説しました。

先月、Kilili氏とイノス知事は共同で、当時の米国労働長官代理のセス・ハリス氏に、移行期をもう5年間延長するよう要請しました。

チャモロにおいて、Quitugua氏は下院議員らに、「これは、あなたが我々島民のために行う最善策ですか?」と尋ねました。

民間部門の非居住労働者の仕事を満たすために現地住民を準備する代わりに、政権と立法議会は外国人労働者を「支持している」ように見えると述べました。

民間部門の労働力需要を満たすのに十分な資格のある適切な米国労働者がいませんが、移行期の5年の延長が民間部門で働きたい現地住民を5年間の妨げるものであると、Quitugua氏は考えています。

ほぼ5年が当地の出入国管理システムの連邦引継ぎ以来過ぎており、まだ、「我々には現地労働力のためのプログラムがなく、201412月の移行労働者の許可証期限におけるプロセスの速度を本当に上げていないので、地元の人々は経済界にある有効なポジションがたとえなんであっても、十二分に引き継ぐ準備をするでしょう」と述べました。

「そして、私が聞いたあなた方がこれまで行っている『最善策』は、個人的な労働力市場に移行する機会を現地の人々に与えるプログラムよりもむしろ、移行労働者プログラムの延長を支持する決議である」と彼は付け加えました。

CNMI政府は先ず島民のために何が最高であるかについて考えなければならないと彼は言いました。

彼は、連邦政府でさえそれを指し示したと述べ、「民間部門労働人口で外国人労働者の高い数字は好ましい状況でありません」としています。

別々のインタビューで、トニーP. Sablan化院議員とジョン・ポールSablan上院議院は、Quitugua氏の懸念は適切な指摘であると言いました。

トニーSablan氏は、彼らがQuitugua氏の声明に異議を唱える必要はないと述べています。

「しかし、ここでの我々の責任は、すべてを量ることであり、我々がコミュニティで必要とするものについて我々が知っているすべてに基づいて我々できる最高で最も堅実な判断をすることです」とトニーSablan氏は言いました。

CNMI政府が経済界の迫っている人的資源問題に対処するために来年まで待つことができないと彼は言いました。

地方住民が私企業の労働人口の一部になるのを援助することに関して、トニーSablan議員は政府がそれを行っていると思っていると言いました。労働局の雇用サービスは、企業に地方住民を訓練する奨励を提供する立法議会で保留中の法案があり、地方住民が民間部門での仕事を得るためのプログラムを仕上げていると、彼は付け加えました。

現在、「我々は、201412月までに、民間部門労働力を引き継ぐのに十分な現地住民を持つことができると私が思わないというこの事実を、我々は受け入れなければなりません」と彼は付け加えました。

ジョン・ポールSablan議員はQuitugua氏の懸念を理解するが、5年の延長は島の企業のためになり、それは後に現地住民の主な雇い主である政府に収益を提供することになると述べています。

Quitugua氏は、政権と立法議会が一部の公務員を私企業に紹介することができ、彼らの給料の50パーセントに助成金を支給することができると話しました。

「もし我々がそうするならば、すぐに、政府は50パーセントの節約を実現するでしょう」とQuitugua氏は言いました。

「誰もがこの種類の状況で勝利するでしょう。現地住民には仕事があり、そして、企業は労働力を持ちます。この方法で皆が従事することで、我々は外国人労働者のための移行期延長を必要としないようなります」と彼は付け加えました。

政府が残されたわずか1年でそのようなプログラムを実行することができるかどうかを尋ねられて、Quitugua氏「まったくしないより遅い方がましです」と言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です