元アンチ・ギャンブル主唱者がカジノ法案を可決する下院を称賛


JUAN M.カブレラ氏は、サイパンがより大きなギャンブル産業を必要とすると思っていなかったので、過去にカジノ法案に強く反対した人々の内の一人でした。

しかし、昨日、彼は、サイパンでカジノを合法化する下院法案18-45に賛成を投票した下院議員を称賛しました。

水曜日に下院が137でギャンブル法案を通過させたあと、それは上院に送られました。

「私は、カジノに反対でした。しかし、その時、経済は良好でした。我々は、まだ医学照会と退職年金のための資金を持っていました」とカブレラ氏。

現在CNMIの人々が直面する状況で、すべての上院議員にカジノ案を可決するよう、個人的に求めるとカブレラ氏は述べました。

「私は、それが我々が現在必要とするものであるため、上院議員が今度はカジノ法案を可決することを望みます。我々はそれを試していませんが、今がそうするための適切なときです」とカブレラ氏は言いました。

下院内総務ラルフS. Demapan氏によって導入されたH.L.B. 18-45は、ゲーム機ジャックポット税、カジノ・ゲーム税とライセンス料の80パーセントをリタイヤメント・ファンドに割り当てます。これらの徴税の5パーセントがロタ・プロジェクトに、テニアンへの5パーセントとサイパンへの10パーセントがあてられます。

財務局長が司法局長オフィスと協議して、政府がファンドに支払っている、収益の50パーセントが赤字削減に充当し、PSS公立学校システムへ10パーセント;北マリアナ・カレッジへ5パーセント;CHCコモンウェルス・ヘルスケア社へ10パーセント;医学照会プログラムへ2.5パーセント;奨学金プログラムへ2.5パーセント;ロタへ5パーセント;テニアンへ5パーセント;そして、サイパンへ10パーセントの割り当てを決定します。

政府は、ファンドに3億ドルを借りています。ファンドは、その一部で、退職者の年金を払うために、1年につき7,000万ドルを必要とします。

カブレラ氏は、リタイヤメント・ファンド、医学照会プログラム、CHCPSSの問題への彼ら自身の解決を提案するために、彼がカジノに反対の立場を取り続ける人々に立ち向かっていると言いました。

「人々はパガンをリースすることを望みさえせず、どんな選択肢があるのですか?」と彼は尋ねました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です