提唱者がイミグレーション制度改革に反対の人々は外国人労働者出国に対してNMIに準備しなければならないと発言


外国人労働者擁護者Carlitoマルケス氏は昨日、S.744または包括的イミグレーション改革法令の改善されたステータス条項に反対である人々が来年その残りの外国人労働者の退去に対するCNMIへの準備を手伝わなければならないと言いました。

同氏は、米国下院が法案について賛成議決するだろうことが期待しているけれども、重要な議会共和党員は、現在立案されているように、この政策が共和党員に制御された下院に可決されないであろうと言っています。

マルケス氏はまた、出入国管理法の第2109節が北マリアナ諸島の特定の長年の居住者が島の中に残り、ここで働くこと、旅行で出入国し、そして5年後に米国の定住者になるための申請を許すS.744を支持することに対して、NMIグループ、認識のための連合、アメリカの少数民族の擁護と平等に彼の感謝を表明しました。

月曜日に、一部の前議員によって導かれた北マリアナ諸島ディセント社は第2109節へのその反対を発表しました。そして、「それは、北マリアナ諸島の人々を北マリアナ諸島の先住民の社会的で、政治的で経済生計を変えて、中断させます」と言いました。

マルケス氏は、出入国管理法案がCNMI民間部門によって資金を供給される地域経済と重大な公的なプログラムにとって重要であると言いました。

彼は2014年に終わる移行期延長への反対を繰り返して言いました。そして、「それは、外国人労働者の間で困難、苦しみと不確実性を広げるだけです」と言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です