米国労働省当局者が外国人労働者擁護団体と会見


外国人労働者擁護団体は今週、グアムとCNMIの米国労働省アシスタント地区ディレクターのパトリックCandoleta氏に会います。

人道的情勢に対するマリアナ擁護団体社MAHAの創立者で社長のレネ・レジス氏は、Candoleta氏がサイパンへの労働省当局者の訪問について木曜日に彼に電話をしたと言いました。

外国人労働者は、労働問題に対する彼らの懸念を確かに提起するであろうとレジス氏は言いました。

金曜日、他の外国人労働者擁護団体Dekada MovementのボニSagana会長、引退した教育者Fe Calixterio氏とHuman Dignity MovementItosフェリシアーノ会長らと一緒にレジス氏は、88日午後6時に設定されている会議に対する彼らの準備を議論しました。会場はまだ割り当てられていません。

擁護団体はCNMIの連邦労働省オンブズマンの事務所の活動延長を求めるために、先月米国の国務省次官補のEileen Sobeck氏と会見しましたが、訪問職員は以前発表されたように、同オフィスが930日に閉鎖すると言いました。

「私は、これが連邦当局がCNMIの非居住労働者の状況を調べている肯定的な発展であると思っています」とレジス氏は言いました。

Candoleta氏との会議に先がけて、同氏は彼らが87日の午後6時にMinatchom Atdaoで外国人労働者とのミーティングを開くと言いました。

Sagana氏は、係争中の労働訴訟と未払い賃金を抱える外国人労働者が会議に出席するのを奨励しました。

同氏は、彼らがまだサイパンにいる外国人労働者から労働関連の訴えを文書化するであろうと言いました。

同氏は、彼らがCNMIの「未解決の労働訴訟、労働者虐待と不公正労働慣習」をCandoleta氏に知らせると言いました。

Saganaによると、彼らは米国労働省がどのように労働者がこれらの労働問題に対処するのを援助するかをCandoleta氏から知ることを望んでいます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です