予算、賭博法案の上院バージョンを下院が拒否


投票117で、下院は昨日、会計年度2014年予算12,300万ドルの上院版を却下しました。

下院はまた、電子ゲーム法案H.B.18-51の上院改正を414票で拒絶しました。

下院歳入委員会の議長をつとめるトニーSablan下院議員は、法案を拒否する動議を出す前に、上院が予算案にもたらした変化に関して、彼の懸念を繰り返して述べました。

彼が好ましくないと判断する上院改正は、中央政府のユーティリティ(公共費)予算のための単一会計;Public Lands部への農家資金の200万ドルの回復;マリアナ観光局予算からの200,000ドルの除去;内閣が雇うことができるフルタイム従業員あるいは等価従業員の数を25人から75人に引上げ、そして、知事に対する100パーセント再プログラムの権限などです。

トニーSablan議員は、上院のライセンス料を2,500ドルから10,000ドルに引上げることに懸念は何もないと言いました。

同氏によれば、これは25パーセントの年金削減を防ぐために必要な1,500万ドルを増やすのを助けるが、上院バージョンはNMI リタヤメント・ファンドに賭博収入を割り当てないとしています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です