韓国のイノス知事、他2名がEランド役員に会う


イノス知事と彼の閣僚の2人は、ホテルの複数年の投資計画、その4,000数万ドルの一部としてコーラルオーシャンポイント・リゾートクラブの最初の4,000万ドルの改装に関して最近の鍬入れを行った韓国を拠点とする投資家Eランドの役員に会うために、昨日の朝、ソウルに発ちました。

知事、パブリックランドのピートA.テノリオ局長とマリアナ観光局のペリー・テノリオ局長は、昨日Eランド役員を会うことが予定されていました。

「イノス知事は、彼らの進行中のCNMIでの計画された投資に関してEランド役員に会う予定でした」とエンジェル・デマパン報道官はサイパン・トリビューンに話しました。

職員らは今日の午後帰ることになっています。

彼らの旅行は、CNMI政府によって費用が支払われたとDemapan氏は言いました。

ソウルへのイノス知事の旅行は、80室の拡張、メインビルとスイミングプールを改装することを含むコーラルオーシャンポイントの初期400万ドルの改装の925日の鍬入れ式の約2週後です。

政権は、CNMIが再起している島への訪問客到着に対応するためにホテルの部屋が不足するとき、新たなホテル建設あるいは投資家が活用していないホテルの部屋を活用するのを奨励していました。

客室稼働が始まっていて、最高記録数とより多くのホテルの部屋の需要が上昇していることで、コーラルオーシャンポイントの改装はまさに好機であると知事は鍬入れ式で述べていました。

CNMIへの旅行者の到着数は8月で400,000人に達しました。そして、日本航空がまだ日本の主な市場から< /span>CNMIへ飛んで行っていた2006年に見られた到着数レベルを超えました。

Eランド・ミクロネシア・リゾート社はサンロケのパームス・リゾート、サンアントニオのパシフィック・アイランド・クラブその他のホテルも計画していますが、同社は後日それらの計画を明らかにすると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です